スポーツ自転車入門 INTRODUCTION TO SPORTS BIKE

Let's start sports bike

スポーツバイクの必須アイテム

スポーツバイク本体だけでは、充実したサイクリングに出かけることはできません。このページでは、最初に購入するべきスポーツバイクの必須アイテムを紹介しています。

 

明るさを重視 フロントライト

フロントライトは夜間やトンネル内の走行などに必須のアイテムです。トレックでは日中もフロントライトを点滅モードで使用することで、前方の車に自分の存在をアピールすることを推奨しています。十分な明るさのライトを選択することも重要です。

 

Bontrager Ion 350 R ¥7,900

コンパクトなデザインながら、明るく輝くBontrager Ion 350 R。ヘルメットやハンドルバーに簡単に取り付けられ、350ルーメンの明るさを誇ります。夜を照らし、日中はライダーの被視認性を高め、広範囲を強力に照らすライトで路面を明るくする集中照射します。また付属のUSB ケーブルでの充電も素早く簡単にできます。

 

車からの視認性を高める テールライト

スポーツバイクに乗る上で、フロントライト同様テールライトも必須アイテムです。道交法上では、自動車のライトによって反射する赤色の反射板を取り付けるか、同等の効果を持つテールライトの装着が義務付けられていますが、トレックストアではより遠くから視認できるテールライトの装着を推奨しています。フロントライト同様、日中も点滅モードで使用することにより、被視認性を高めることができます。

Bontrager Flare R City ¥4,900

 

Flare R City テールライトは日中でも被視認性を発揮します。幅広い照射範囲、集中照射、注意を引く点滅パターンが、日中でも400m先からの視認を可能に。Flare R City テールライトの35ルーメンの輝度と広範囲の被視認性が、昼夜を問わず、ライダーを都市部の道路で最も注意力を引く存在にしてくれます。内蔵の光センサーが自動で輝度を調節、付属のUSBケーブルで充電可能です。

 

セキュリティの高い鍵を選ぼう

スポーツバイク最大の敵は盗難といっても過言ではありません。大事な自転車を安全に駐輪するためには鍵の種類にもこだわりましましょう。特に自転車通勤などで都心部で長時間の駐輪が多い場合はより頑丈な鍵を持つことが重要です。
一方、ロードバイクでツーリングやトレーニングをする際は駐輪する回数や時間は少ないため、セキュリティ性よりも携帯性を優先すると良いでしょう。


Bontrager 245 Keyed U-lock ¥2,500

快適なサイクリングは空気入れから

スポーツバイクはシティサイクルよりもタイヤやチューブが薄く設計されているため空気圧が減少するとパンクのリスクが高まります。そのため、頻繁に空気圧を管理する必要があります。タイヤの太さ、種類にもよりますが、スポーツバイクの場合、週に一度は空気圧のチェックをすることをおすすめします。

Bontrager Turbo Charger HP ¥7,900

 

万が一の事故に備えてヘルメット

時速30km以上の高速域を比較的簡単に出せるロードバイクや、自転車通勤で常に車と隣り合わせで走行することが多いクロスバイクにはヘルメットの装着を強くおすすめします。
スポーツバイクのヘルメットに多い流線形をした独特な形状は、空気抵抗を軽減するためのデザインです。また自転車に乗ると頭からも汗をかくため、通気口の役割を果たす穴が開けられています。さらに長時間走行することを想定し、首や肩の負担を減らすために軽量化を図っています。このような形状は安全性と機能性を両立させたとも言えます。

Bontrager Solstice Asia Fit Helmet  ¥6,500

 

フォーマルやカジュアルにも対応できるデザインのクロスバイク向けヘルメット。お手頃な価格で、予算が限られていても安心したヘルメットを選ぶことができます。

 

まとめ

今回はスポーツバイクの必須アイテムをご紹介しました。

フロントライト、テールライト、空気入れ、ヘルメット
これらは安全に走行するためには必需品です。スポーツバイクのスターターキットとして是非そろえておきたいアイテムです。トレックストアでは各種アクセサリーを幅広く取り揃えて、お客様のご要望にお応えしています。