スポーツ自転車入門 INTRODUCTION TO SPORTS BIKE

Let's start sports bike

クロスバイクの選び方

自転車通勤や日々の移動、お買い物やエクササイズにも幅広く使えるクロスバイク。ではクロスバイクを買う時はどのように選べば良いのでしょうか?このページでは、クロスバイクの選び方とトレックのクロスバイクをご紹介しています。

 

性能で選ぶ

長く使うクロスバイクですから、それなりに良いものが欲しい。そんな方にはトレックの1番人気モデルFX 3がおすすめです。
FXシリーズはクロスバイクの定番にしてトレックを代表する1番人気モデル。豊富なカラーバリエーション、幅広いカスタマイズ性、軽快で快適な走りで、週末のサイクリングはもちろん、通勤や日常の足まで、幅広い目的を1台で叶えるバイクです。
FX 3はカーボン素材のフロントフォークや疲れが残りにくいハンドルグリップなど、乗り心地を向上させる様々なテクノロジーが搭載された本格クロスバイクです。

FX 3 ¥79,000
特におすすめライドシーン:20km~50km程度のフィットネスサイクリング

 

予算を重視して選ぶ

まずは低予算でとりあえずスポーツバイクを始めたい!という方には、FX1やFX2がおすすめです。FX1は35cやFX2は32cと太めのタイヤを採用し安定感ある走りを実現しています。


FX1  ¥49,000


FX2¥59,000
特におすすめライドシーン:往復10~20㎞程度の通勤通学やシティライド

 

スタイリッシュなデザインで選ぶ

クロスバイクと長く付き合っていくには、自分が気に入ったデザインやカラーであることが重要です。乗るときの服装やスタイルを考えながら選んでいく方法です。
デザインやカラーで人気のトレックのクロスバイクがZektorです。
都会の真ん中で注目を集めながら走るクールなアーバンバイク、それがZektorです。前傾姿勢になりやすい設計のため、ロードバイクに近い、ややアグレッシブな乗車姿勢になります。ディスクブレーキや反射素材付きのタイヤで、都会の通勤に最適です。
蛍光色を用いたデザイン性が光るZektor 3はストップアンドゴーが多い街中で、小回り良く走り回れる1台。タイヤは安定感がある700×32cでちょっとした砂利道や段差もクリアできます。変速とブレーキのケーブルをフレームに内蔵し、すっきりとしたシンプルな見た目を実現しています。


Zektor 3 ¥99,000
特におすすめのライドシーン:都会での通勤ライド

 

楽しみ方で選ぶ

クロスバイクはフラットハンドルに、シティサイクルより若干細いタイヤが基本仕様です。しかし中にはMTBのようなサスペンションがついたモデルや、ロードバイクで多く採用されるカーボン素材を使用しワンランク上のスピード感を実現したモデルなど、それぞれ特徴を持ったクロスバイクも存在します。


DS 2 ¥79,000

 

未舗装路にも安心してチャレンジできる唯一のクロスバイクがDSです。38mmの太いブロックタイヤは安心感抜群。フロントフォークはサスペンションが付き、凸凹した路面でもハンドリングへの影響を最小限に抑えます。マウンテンバイクにチャレンジする前の1台として最適のクロスバイクです。

特におすすめのライドシーン:未舗装路を含むトレイルサイクリング

FX S 5 ¥249,000

 

トレックのロードバイクにも使用されるOCLVカーボンを採用したフルカーボンクロスバイクです。体に伝わる振動を吸収するISO Speedテクノロジーによるスムーズな乗り心地とロードバイクのようなスピード感を両立させています。
タイヤはロードバイクと同じ700×25cを採用し、あらゆる天候下で信頼できる制動力をもたらディスクブレーキも完備したパーフェクトな1台です。

特におすすめライドシーン:20km~50km程度のフィットネスサイクリング

気に入ったモデルが見つかったらサイズをチェック

このようにクロスバイクの選び方は色々ですが、すべてに共通して言えることは体に合ったサイズを選ぶことです。クロスバイクは必ず身長や手足の長さに合わせたサイズに分かれています。求めるデザイン、価格、性能にぴったりなモデルが見つかっても、サイズが合っていなければ、本来の性能が出せず、乗りづらい自転車になってしまうのです。
トレックストアでは様々な種類のクロスバイクの試乗車をご用意して皆様のご来店をお待ちしています。