新着情報&イベント NEWS & EVENT

六本木

TLRって『なんですか~?』

2020年1月17日 [六本木]

パーツ・アクセサリ

TLR・TLR…TLR……

そうです。ちょっと前に一世を風靡した米国のガールズグループのことでは…ってそれは『TLC』か。という懐かしい話はおいておいて、最近ホイールやタイヤに表示にされている『TLR』って『なんですか~?』って気になっているお客様はいらっしゃいませんか?

 

『TLR』とは、『TUBELESS READY-チューブレスレディ-』の事なんです。

『チューブレスレディ』って単語はわかっても、意味まではわからないってお客様が多いのではないしょうか?ってことで、簡単に『TLR-チューブレスレディ-』のご説明をいたします。

 

【チューブレス レディとは】

チューブレスの名の通り、チューブを使用せずにタイヤ内の空気を保持するシステムの事です。R(READY)の表記のあるものは『シーラント』という気密性を高める液体をタイヤ内に入れることで、チューブレス化が可能となります。

 

チューブレス…普通のポンプでは空気を入れるのに意外と苦労します。

チューブレス化の第一関門は、タイヤをホイールに装着することなのですが、これは石鹸水をつかったり、チューブレス用のタイヤレバーを利用したり、とか力業でとかなんとかクリアできるのではないかと思います。が…やっとの思いでタイヤを装着したところで次の関門がやってくるのです。タイヤに空気を入れる作業です。こちらが普通のポンプでは一気に空気を流し込むことができないのでなかなか難しいのです。ショップではエアコンプレッサーという機械を使って一気に空気を流し込むことができるのです。でも一般家庭でエアコンプレッサーがあるなんてことはまずないでしょうし、チューブレスのために買うって言うような価格でもありません。

 

そこで、TLR-チューブレスレディ-の強い味方がBontrager-ボントレガー-から登場しました‼

Bontrager Tubeless Ready Flash Can

-ボントレガー チューブレスレディ フラッシュ カン-

価格:¥7,040-(税込)

 

何故、このフラッシュカンが、TLR-チューブレスレディ-の強い味方なのか…っと言いますと。こんな風にお手持ちの空気入れとつないでフラッシュカンに空気を送り込むことで、手動のエアコンプレッサーとなるのです。

このフラッシュカンから出てくる空気のフラッシュ感と言ったら、すさまじいものがありますよ。これがあれば、チューブレスレディも怖くない‼そこでフラッシュカンの特徴をまとめてました。

【フラッシュカンの特徴】

  • チューブレスレディタイヤでもコンプレッサーなしで空気を入れることができる
  • 保持できる最大空気圧は160PSI(11 bar)
  • シュレーダーバルブに対応するフロアポンプで充填
  • 赤いレバーを動かすだけで、溜めた空気が解放される
  • 独自のフラッシュチャージ機能でエアがタイヤへと勢いよく送り込まれる
  • オートセレクトヘッドはプレスタとシュレーダーバルブの両方に即座に対応

 

最後に、本村くんにフラッシュカンの別の面白い使い方は?って聞いてみたら…

フラッシュカンを本村君のできる限りのフラッシュ感であやすという、TLRくらい一般の方には理解できない使い方を提案してきました。そしてこの満面の笑み…だれか助けてください。

 

☆☆TREK Bicycle 六本木ヒルズ☆☆

●roppongi hills からTREK Bicycle 六本木ヒルズまでのご案内はコチラをご覧ください。

 

人気の記事

最近の記事