新着情報&イベント NEWS & EVENT

甲府

自転車で冬キャンライド!! グラベルロード Checkpointで本栖湖・浩庵キャンプ場へ行ってみた!

2020年1月15日 [甲府]

スタッフブログ

ゆるキャン△の聖地巡礼も兼ねて浩庵キャンプ場へ

こんにちは!「ゆるキャン△」実写ドラマが毎週楽しみな、甲府店・望月です。

というわけで12月中旬、「放送前の聖地巡礼だ!」と愛車のCheckpointで浩庵キャンプ場へ向かいました。

以前はバッグを自転車につけて荷物を積む、バイクパッキングスタイルでした。

今回は新スタイル! キャリアをつけてパニアスタイルを試してみました。

カーボンフレームなのにキャリアを装着できるCheckpoint、ステキです。

キャリアの上にはインフレーターマットを積んでいます。
けっこうな荷物ですがフラフラせずに走れる。さすがCheckpoint。

 

金川曽根広域農道をひた走り、六郷を通り、本栖みち(国道300号)へ。

精進湖線を通って本栖湖に行く方が早いんじゃ……? 確かにその通りです。

しかし、荷物を積んだ自転車でリンちゃんのように本栖みちを走って行くのが聖地巡礼なのです!

色あせていますが六郷のコンビニでこんなポスター発見。

 

本栖みちを登る前に道の駅しもべで休憩!……のはずが

本格ヒルクライムが始まる前に、道の駅しもべで一休み……って、お店が一休み⁉︎

定休日……みのぶまんじゅうで補給したかったのに。

 

でもいいのです。ここに来た目的はこれ! ラッキードリンクショップ!

山梨のサイクリストならみんな大好き(?)ハッピードリンクショップがゆるキャン△とコラボ。

ドリンクを買って当たりが出たら、ゆるキャン△ミニタオルが出てくる!

というわけで2本買いました……が、まあそんな簡単に当たりませんよね。

 

さて、気を取り直して、本栖みちヒルクライムスタート!

まだ紅葉が少し残っていてキレイでした。

紅葉の本格シーズンが終わったので、交通量は少なめで走りやすい。

この日は気温も高く、10℃ぐらい。ヒルクライム中は暑くてグローブいらないほどでした。

 

けっこう登ったのにまだだいぶ上がある……。

上の道が見えると燃えますか?萎えますか?

いつもなら燃えるんですが、今回は萎え萎えです。

きついっす! ミニベロにキャンプ道具積んでここ登る女子高生は体力おばけです。

なぜなら、後ろだけに荷物を積んでいると、登りでは後ろに引っ張られる感じがして、しんどいから!

次回は後ろだけでなく、前にも荷物を分散させてみようと思います。

 

そんなこんなで休み休み登りながら中之倉トンネルを越えると……ドーンと富士山! 本栖湖、到着です。

とりあえず、例のトイレで撮影。

 

山梨県身延町・浩庵キャンプ場に到着!

浩庵キャンプ場に到着です!  ささっと受付をすまします。

久々に店内に入ったのですが、ゆるキャン△グッズが山ほどありました。

予約なしでキャンプできる浩庵、大好きです。

 

場内には鎖を外して入りますよ〜。鎖でこけちゃダメですよ。

自転車は横から入れました。

 

ここでのキャンプは2年ぶり。

場内に入って驚きました。キャンパー多い。といっても30人ほどですが。

2年前の12月に来た時は3人しかいなかったので、なんと10倍! 昨今のキャンプブームは本物ですね。

とりあえず湖畔の良さげな場所に設営。浩庵の湖畔サイトは地面がめちゃくちゃ硬いのです。

なので、ドラマみたいにアルミペグを打つと曲がります。

ということで鍛造ペグのソリッドステークを1本持ってきました。これで穴を開けてからアルミペグを刺します。

めちゃ硬いソリッドステーク。硬い地面もなんのその。
ペグが硬すぎて、ハンマー代わりの石が割れました笑
本日の我が家完成!
周りに誰もいない場所がとれました。

 

富士山を眺めながらのんびりタイム

とりあえずお腹が空いたのでカレー麺を補給。

美味い……ヒルクライムで疲れた体にカレー麺が染み渡る。

そのあとは薪を割ったりボケーっとしていました。

ここにきたらカレー麺ですよね!

何もしないをする、が個人的にキャンプの醍醐味でもあると思います。

別に読書やゲーム、映画観賞、凝った料理──ソロキャンプは何をしてもいいんです、自由!

あなたを縛るものは何もありません。あ、マナーだけは守りましょう笑

 

日が暮れてからはさすがも寒くなってきたので焚火開始。

薪はさすがに持ってこれないので買いました。浩庵キャンプ場は今時珍しく、直火OKです。

よそ見してたら火の粉でイスとパンツに穴が空きました…泣

 

晩ご飯は寄せ鍋。寒い冬キャンプは鍋に限りますね。

寒いところにわざわざ出かけて温かいものを食べる。なんなんでしょうね、これが楽しい。美味しい。

食後はのんびり焚火を堪能。

この日は曇り空なうえ、ほぼ満月で星空はまったく堪能できず。残念。

薪が灰になったのを見届け、波の音をBGMに就寝。

気温もさほど下がらず、ダウンシュラフにカイロを入れてぬくぬく寝れました。

いつもはコンパクトなエアマットですが、今回はインフレーターマットで寝心地よかったのも○。

 

ぐっすり寝て翌朝

翌朝は日の出前に目覚ましをかけて起きました。なぜかというと……。

朝、思ったほどは寒くなかったです。

 

これを見るため。富士山からの日の出──美しいです。

浩庵キャンプ場に来たらこの景色は見ておかないと。

日の出を見て大満足なワタクシ。このあと朝食を買い忘れていて涙目に。

 

浩庵はチェックアウトが10時と早いのでさっさと撤収。

焚火をしたかまどは崩してキレイにします。

自転車キャンプは持ち込みアイテムがミニマムなので撤収が楽ですね。

今回はパニアバッグスタイルでテキトーに詰めても荷物が入るため、さらに楽でした。

晴れてよかった。

 

せっかくなのでオフロードで遊んで帰りました。

日の光が差し込む誰もいない森の中を朝から走って、超気持ちよかったです♪

自転車冬キャンプ、寒いけどやっぱり楽しいですね。天気に恵まれ、聖地巡礼もできて大満足。

今回はパニアバッグスタイルで挑みましたが、けっこう楽ちんでした。

バイクパッキングとの違いも近いうちに記事にしたいと思います。

今回走ったルートはこちら(Ride with GPSが開きます)。

 

浩庵キャンプ場公式サイトはこちら。

予約不要(というかできない)で最高のロケーションのキャンプ場です。オススメ!

 

グラベルロード Checkpointについてはこちらのまとめもぜひご覧ください!

TREKグラベルロード Checkpoint -チェックポイント-記事まとめ!

 

TREK Bicycle 甲府 InstagramページTREK Bicycle 甲府 FacebookページTREK Bicycle 甲府 Twitterページ

 

TREK Bicycle 甲府

〒400-0803

山梨県甲府市桜井町643番1

営業時間/11:00-19:00 定休日:火曜日

Tel:055-236-8515

人気の記事

最近の記事