新着情報&イベント NEWS & EVENT

六本木

Cycling Paradise 大島(前編)

2019年10月29日 [六本木]

スタッフブログ

こんにちは、六本木店の羽田です。

先週末は全日本マスターズ・タイムトライアルに参加するため、Madone と大型客船で大島に行って参りました。

 

 

近いのに実はまだ行ったことのない大島。今回はいろいろあって練習ができなかったので、一緒に出場するチームメイトの全日本チャンピオンからお叱りを受けるかしら。。。と思いつつ、最初から観光目的で予定をたてます。

 

仕事が終わってから、そのまま竹芝桟橋へ。実は今回の大会、大島の島民でない限りTCF(東京自転車連盟)指定のツアーに参加するようにと言われていたのですが、どうしても泊まりたい所があったので勝手に自分で宿や船の券をとった私。そんなことで失格にはならないでしょう、とふんでいたのですが、正直船に乗るまで不安はありました。

 

ターミナルではチームメイトの小沼さんとすぐに合流することができたので予定を伺ってみると、チャンピオンもお知り合いに色々と手配をしてもらって基本自由行動をなさるとのこと。モヤモヤしていた不安がす~っと無くなり、これなら安心して観光し放題だわ~と一気に気分が昂ります。

 

竹芝桟橋 22:00 発 大島 06:00 (+1 day)

大島   14:30 発 竹芝桟橋 18:50 着

輪行袋に入れた場合追加料金はナシですが、袋に入れて何かあったら嫌なので1500円追加してそのままコンテナに積むことに。これなら思い立った時にふらりと乗り込むこともできますね!

 

 

 

船からの夜景。本来ならワイン片手に眺めたいところですが、今回は我慢、我慢。

 

30と40歳代の男子は20.4km、50代以上と女子は年齢に関係なく10.2kmの距離を走るマスターズ・タイムトライアル。まだDHバーを持って3㎞以上の距離を全速力で止まらずに走っていないのでカーブや変速がうまくできるかどうか不安ですが。。。まぁ、なんとかなるでしょう。

 

どんな環境の下でもすぐに寝ることのできる私。案の定客船ではくぅ~と眠りにつくことができ、目覚まし時計より10分早くムクっと起きることができました。さぁ、いよいよ大島です!!

 

竹芝に行く直前に知ったのですが、大島には岡田港と元町港の2つの港があり、その日の風向きなどによってどっちの港に着岸するか分からないのです。とは言え周りの方々によれば夜便は岡田港になることが多いとのことなので、どちらからスタートしてもいいようなルートで良かったわ、と思います。ただ岡田港に着いた場合困るのは、荷物の置き場です。というのも、観光が一番の産業のはずの大島。。。なんとロッカーはもう1つの元町港にしかないのです。

 

案の定、岡田港に着岸。

降りて一番初めに目に飛び込んできたのがで~ん!とした美しい富士山だったので、それだけで気分が上がります♪

 

荷物を背負っての移動は面倒ではありますが、2つの港の距離は7キロもないので、どこにロッカーがあるのかさえ知っていれば困ることはありません。あとは、ロッカーが全て埋まっていないことを祈るだけです!

 

 

元町港の船客待合所内にあるロッカー。一番小さなロッカー(300円)でもかなりの量は入り、また左端の一番大きなロッカーはホィールも余裕で入る大きさ。朝6時から17時までの間しか使えませんが、島を何周かした後に宿へ向かう前に立ち寄ればいいのでさほど困ることはないと思います。

また両替機が無いので、もし紙幣しかない場合は施設内にある自動販売機でジュースを買うことになります。百円玉は何枚か持っていたほうがいいですね。

 

 

荷物を預けたあとは、さっそく朝食タイム😻!島で一番栄えている元町港周辺ではありますが、コンビニはありません。というのも、大島自体にコンビニなんて一軒もないのです。でも港の目の前にある定食屋さん「おともだち」は朝6時から営業しているので、メニューに少し戸惑いを感じながらも入ってみます。

 

 

中に入ると、多分明日のタイムトライアルに出場するであろうサイクリストたちのグループと、自転車とは全く無関係そうなカップルが3組ほど。おじいちゃま一人で切り盛りをされているので多少てんぱってる感がありますが、そこはスルー。でも普段オートミール・パンケーキにフルーツサラダとヨーグルトで朝をスタートする人間に、”くさや定食”の文字はなかなか衝撃的ではあります。

 

☆ メニュー ☆

【朝の定食】 納豆定食・焼き魚定食・目玉焼き定食 (すべて700円)

【お店でNo.1】べっこう丼 (1200円)

【お店でNo.2】地魚刺身上定食 (1200円) 刺身特上定食 (1800円)

 

 

 

初めてなので、まずは人気ナンバーワンと書いてあるべっこう丼をオーダーしてみます。出てきたのが上の写真。ご飯は1㎝ほどしかないでしょうか?サイクリストには量が少なすぎるので、大盛にすれば良かった!とものすごく後悔します。朝定でも何か追加注文しようかと考えますが、周りの目も気になったのでそのままスタートすることに。

 

それでは、後編にて大島一周の様子をお伝えいたします。どうぞお楽しみに!

 

今回ご紹介した場所

竹芝客船ターミナル

伊豆・小笠原諸島への玄関口、またレストラン船の発着場所にもなっている竹芝客船ターミナル。ターミナル内には本当に小さなコンビニとメニュー数は多くないけれど個性的なメニューが楽しめるカフェが一軒ずつしかありませんが、すぐ前に大きなファミリーマートがあります。大島にはコンビニが一軒も無いので、非常食が必要な場合はそこで買い込んでもいいかもしれません。ただ島にも個人経営の小さなお土産屋さんなどは所々にあるので、敢えて本土から色々と持ち込む必要はないかも?

 

岡田港フェリーターミナル

大島北部に位置する港。1階はチケットカウンターと荷物預かりカウンター、2階に売店、3階にレストラン、4階が展望台と避難所になっている5階建ての今年2月に建ったばかりの新しいターミナル。ただし朝9時半~夕方の最終便出向までしか営業していなく、また船の発着が無い時はクローズドの為、事前にチェックは必要です。荷物に関しては、コインロッカーが無い代わりに目の前の食堂兼漁業組合が16時半までですが一つ300円で預かってくれるそうです。

 

元町港フェリーターミナル

大島町の中心部にある港。ターミナル1階がチケットカウンターとコインロッカー、2階はレストランになっていますがこちらも船の発着が無い時はクローズドです。(コインロッカーは6時から17時までの間使用可)

宿や食処などがたくさん集まっているので、元町港をベースに動くと便利です。

 

おともだち

元町港フェリーターミナルの前にある定食屋さん。朝6時から15時までの営業。

 

東京の島観光に絶対お得!な電子SHIMAPO

「電子SHIMAPO」とはスマホで利用できる観光パスポート・電子通貨のこと。スタンプラリーに参加したり、参加店に見せるだけで特典が受けられたりするだけでなく、10000円分のプレミアム付き宿泊券が8000円で購入できるしまぽ通貨は絶対にお得なので、行く前にインストールする価値大あり!

詳細はこちら(→ shimapo.com)からどうぞ。

 

 

人気の記事

最近の記事