新着情報&イベント NEWS & EVENT

東京昭島

東京のヒルクライマーのメッカ『都民の森』に行ってきました。

2019年7月24日 [東京昭島]

スタッフブログ


最近、自転車通勤を復活させた私(BOSS)

TREK Bicycleではなんだかブログにダイエット的なネタを目にすることが多くなってきた気がしますが、私(BOSS)も、横浜店長時代にそんな血迷ったブログを投稿してしまったことがございます。そして2019年1月より昭島の店長として赴任したのですが、基本的に太りやすい体質の上に食べるのが好きという私…体重が増えないわけがありません。現在90㎏overって事で、最近再び自転車通勤を始めたのです。

 

そうしたら、先日のお休みがかぶった2回り違う若者スタッフ2人に『都民の森』に誘われました。

『都民の森』…5年ほど前にトライアスロンなどのエンデュランススポーツにはまっていた時に、都内からよくトレーニングに行っていた山が『都民の森』でした。ですので軽い気持ちでOKしてしまいました。当時は今より体重が20㎏ほど少ない70㎏中盤くらい、5歳も年を重ねた上に+20㎏の重量増、地獄が待っていないわけがありませんでした。

そんな私と今回ご一緒してくれたのは、メカニックスタッフの波場君(左)とアルバイトスタッフの後藤君(中)です。なんと私(BOSS)と本当に2回り違いで干支が一緒なのです。

 

もう、都内の自宅からフルで走る元気はなかったので、近くまで車でいって登りだけを楽しむ…ことに

近くまでとはいっても、都民の森までは35㎞程度ほぼ登りの道程。まずは、コンビニによって補給食の買い出しです。ここまではまだ余裕の表情。

その後、武蔵五日市駅そして檜原村を抜けて都民の森を目指します。段々と強度を増す登り坂、じりじりと遅れだす大きいおじさん。あまりの登りの辛さに下を向いてペダリング、次に頭を上げた瞬間。前を走る2人はどんどん小さくなっていきます。

そうですどんどん小さくなっていきます。(見えますか…そして次の瞬間2人は見えなくなりました。)

ここからは、一人旅です…と思っていたら、2人が『都民の森』名物『料金所跡』の手前で待っていてくれました。(2人が待っていてくれたことがあまりにうれしく、舌を出して喜びを表す私(BOSS))

待っていてくれても、その後も登り坂…一緒に走れるわけがありませんが、私も都民の森間近ってことで力を振り絞って登ります。時速5㎞…正直歩いたほうが早いのではないかというスピードで進んでいきます。最後の最後に、足が攣りそうになっている後藤君を捕まえて、フィニッシュ。(あなたは、BOSSが後ろを走る後藤君に完全に勝利を譲ってもらっているのが、おわかりになるだろうか。)

『登りだけを楽しむために、近場まで車』なんて書きましたが、正直私のわがままボディーは『都民の森』を楽しめるレベルではありませんでした。

 

『都民の森』でソフトクリームを食べて、下山しました。行きはつらい、帰りはよいよいそれがヒルクライム。全く話がかわりますが、私がツールドフランスにちなんでイエロージャージを着用していたため、前を行く2人に『おおきいいピカチュウ』と言われていたという事は下山の後に知った事実です。

 

最後にスポーツ選手の引退会見を思い出す私(BOSS)。

スポーツ選手の引退会見でよく耳にする『理想と現実の差。』『思っているようなプレーができなくなった。』との引退理由。私のような中途半端な人間が言うのもっという事はよく理解しておりますが、まさかこんなに登れなくなっていようとは、70㎏台時代に登っていた時と大きくずれているスピード『これが理想と現実の差か…』『思っているように動いてくれない足…』引退するスポーツ選手の気持ちがほんの僅かですがわかったような気がしました。でも、私に引退はありませんので、自転車通勤を続けてリベンジを果たしたいと思いっております。さらには、TREK-トレック-オススメのe-bike(電動アシストスポーツバイク)VERVE+ -ヴァーブプラス-やDUAL SPORT+ -デュアルスポーツプラス-でもチャレンジしてみたくなりました。

チャレンジしたら、その様子はまたブログでアップしますので、お楽しみに~。

 

☆TREK Bicycle 東京昭島☆
●TEL : 042-519-8143
●E-mail : tokyoakishima@trekbikes.com
●昭島駅からモリタウン内を通ってお店まではコチラをご覧ください。

★ 7月のストアイベントインフォメーション ★

7月28日(日)チェーンクリーニングワークショップ

詳しくは、コチラをご覧ください。

人気の記事

最近の記事