新着情報&イベント NEWS & EVENT

松山

リストバンド型心拍計で健康な生活を!& サイクリングにも使える!アクティビティトラッカー【GARMIN Vivo Smart 4】

2019年7月13日 [松山]

パーツ・アクセサリ

みなさまこんにちは。

Trek Bicycle 松山 ストアニュースをご覧いただきありがとうございます!

当ストアニュースでは、ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクなどの自転車の情報、

自転車のウェアやパーツ、松山、伊予エリア、東温市、今治市などの周辺地域のサイクリング情報など

色々と発信してまいります。
 

リストバンド型心拍計で健康な生活を!& サイクリングにも使える!アクティビティトラッカー【GARMIN Vivo Smart 4】

心拍計は胸に巻き付けるモノだったことは、今や過去?
今は腕に巻き付けて気軽に使える心拍計が登場しています。
レースの世界では、胸に巻く心拍計がいまだに主流なので、胸に巻く心拍バンドの方が、正確さなどでメリットがあるのだとは思いますが、「あの胸に巻くの抵抗ある」って方が多いのも事実。
そんな気軽に使えるリストバンド型心拍計が【GARMIN Vivo Smart 4】です。

 

アクティビティトラッカーで、日常的に心拍を管理して、健康な生活を!

この商品、ただ心拍数を計測できるだけではなく、日常的に装着し続けて心拍数や運動量を管理し、健康状態の維持や改善に繋げるためのデジタルデバイスなのです。
まずは、紹介動画をご覧ください。

バッテリーは最大7日間持つので、基本的には装着したまま生活してください。
この、アクティビティトラッカー「Vivo Smart」シリーズもモデルチェンジを繰り返し、どんどん軽量・コンパクトで装着しやすくなり、機能面でも進化を遂げています。

日常生活中の心拍数の変化、適切な睡眠がとれているかどうか、運動不足なら運動するように知らせてくれますし、ストレスが溜まっているようなら休息するように知らせてくれます。
日常の生活の心拍の変化、睡眠の質、ストレスなどのモニタリングにより、体のエネルギー残量を数値化するBody Battery機能付き。
装着したまま水泳もOKな防水性を持ち、ウォーキング、ランニングなどの運動データを管理することも可能。
生活・仕事・トレーニングまでトータルで管理してくれる優れものです。
「Vivo Smart 4」は、単体では十分に機能しないので、ブルートゥース接続可能なスマートフォンにGARMIN CONNECTのアプリをインストールして使用します。
 

【Vivo Smart 4】は、心拍データ転送モードで、サイクリングでも活躍!

さて、スポーツバイクを取り扱う私たちが、この「Vivo Smart 4」を紹介するワケは、日常生活の管理に使えるアクティビティトラッカーに加えて、心拍データを転送できる機能が備わっているためです。

心拍データ転送モードにすると「ANT+」通信規格のサイクルコンピューターに心拍数を表示させることが可能となります。
「ANT+」規格のサイクルコンピューターと言えば、高機能サイクルコンピューターの代表格「GARMIN EDGE」シリーズや、BONTRAGERの「RIDEtime Elite」や「Trip300」などですね。

~~「GARMIN EDGE 130 J」と「BONTRAGER RideTime Elite」に心拍データを転送してみました~~
 
サイクルコンピューターで心拍を確認しながら走っていただくと、「頑張りすぎてすぐに疲れて長い距離が走れない」なんてことを防ぐことが可能です。
「BONTRAGER RIDEtime Elite」を紹介したBLOGでも説明しましたが、長い時間走りたければ、心拍数を有酸素運動レベルにキープしたほうが良いのです。また、ダイエット目的でサイクリングする場合も、有酸素運動を20分程度続ければ、体内の脂肪をエネルギーとして消費し始めるので、心拍数をチェックすることが効果的です。
有酸素運動レベルは、一般的に、最大値が220から年齢を引いた値。最小値は最大値の60%程度と言われています。(45歳の方が有酸素運動をするなら心拍数を105~175の間にキープ)
胸に巻く心拍バンドに抵抗感のある方でも、、リストバンド型なら気にせず使用していただけるのでは?心拍数をチェックして、頑張りすぎを防いで長距離・長時間のライドや、健康維持・改善に効果的なサイクリングをしてみましょう。
※心拍転送モードを使用するとバッテリーの消費は早くなります。
 

GARMIN Vivo Smart 4
健康状態の改善や維持のためにサイクリングをしている方や、初めてみたい方にとって、この「Vivo Smarat 4」は日常生活で使用できるアクティビティトラッカーにプラスして、サイクリングではサイクルコンピューターに心拍数を転送可能な、とても有効なデジタルデバイスだと思います。
価格:¥16,482-(消費税別/専用充電ケーブル付属)
 
※海外仕様の「Vivo Smart 4」と異なり、日本仕様では法令上の関係で血中酸素飽和度の測定機能はついていません。


 

20160902main1

 

instagram-new-logo-100675023-large

人気の記事

最近の記事