新着情報&イベント NEWS & EVENT

六本木

春の三浦半島にアナゴ天丼を食べに行くライド

2019年3月13日 [六本木]

スタッフブログ

こんにちは、六本木店でメカニックを担当しております樗澤(ぶなざわ)です。

久々に三浦半島に行ってきましたので簡単なツーリングレポートです。

 

三浦半島、東京のすぐ近所でありながら遠くの田舎へ来たような風景がいいですね。入り江や漁村、丘陵地の続く畑が箱庭のようにぎゅっとコンパクトに凝縮されています。

まずは、山下公園を経て、トレックバイシクル横浜店を表敬訪問。

 

しばしスタッフの皆と情報交換。

 

自宅のある稲城市からは約60kmほどのライド。

 

横須賀を過て解放感のある馬堀海岸を過ぎると到着です。

今回の目的地はこちら。

「味美食堂」

とても小さな地元の食堂で、以前、個人のブログで拝見したのをきっかけに行くようになりました。看板メニューは、アジの刺身、アジフライ。

そして、この穴子天丼。

今回も、穴子天丼を注文。毎回これを頼んでしまうので、まだ他のメニューを食べたことがありません。大きな穴子がど~んと乗っており、下に野菜のかき揚げも隠れています。穴子はフワフワで、タレも美味しいですよ。

地元の食堂感が半端ないので入るのにちょっと勇気が要りますが、最近は食べログのレビューも増え、いつの間にか人気のお店になっていたようですね。

 

気になった方は旅の思い出つくりにぜひ、暖簾をくぐってみてください(但し、小さいお店なので大人数のグループライドには向きません。ソロか、少人数でのライドがおススメです)。

 

食事後はこのまま引き返すのももったいないので、三浦半島をぐるっと江の島までひとっ走り。

春ワカメが干してあります。のどかですね~。

夏は海水浴で賑わう三浦海岸を過ぎると、松輪地区の丘陵地帯。

キャベツ畑やかの有名な三浦大根の畑が広がります。天気が良いと海を隔てて房総半島がくっきりと見えます。

 

この日は時間の都合で片瀬江ノ島まで一気に走って終了。稲村ケ崎で夕日を見て、120kmほどのライドでした。

マグロで有名な三崎や入り組んだ海岸線、プライベートビーチ感を満喫できる海岸などまだまだ見どころもたくさんありますが、また別の機会にでも。

ではまた。

 

人気の記事

最近の記事