新着情報&イベント NEWS & EVENT

甲府

冬だって自転車キャンプ! Checkpoint SL5で一の瀬高原キャンプ場へ!!

2019年1月24日 [甲府]

スタッフブログ

グラベルロードCheckpoint SL5で冬キャンライド!

こんにちは! 「ゆるキャン△」2期が待ち遠しい、甲府店の望月です。

少し前になりますが、グラベルロードCheckpoint SL5でキャンプに行ってきました!

秋だった前回のふもとっぱらキャンプと違い、冬キャンプは万全の寒さ対策が必要です。

なので、秋キャンプより持っていくアイテムが増えます。

まずシュラフが冬仕様のダウンシュラフなので、大きくなり、かさばります。

次にキャンプ場での重ね着アイテム。今回はボントレガーのEvoke Mountain Bike Hoodieを持っていきました。

あとはカイロを5個ぐらい。ポケットに入れて持ち歩いたり、シュラフに入れて暖を取ります。

今回もバイクパッキングスタイルですが、フロントラックを追加し、増えたアイテムに対応しました。

 

向かうは山梨県甲州市の山奥にある、一の瀬高原キャンプ場。

朝から支度して出発は10時。遅いですね……今回最大の失敗です。これがのちの行動すべてに響いてきます。

塩山までは笛吹川サイクリングロードをのんびりライド。

道は荒れ気味でロードバイクではちょっと辛いですが、Checkpointならお手のものですね。

荷物は増えたけど、フラフラせずに安定して走れるCheckpoint。さすがです。

 

柳沢峠へのヒルクライムスタート!

塩山のオギノで食材を買い、軽くご飯を食べて、ヒルクライムです。しかし……暑い!!

ボントレガーのVelocis S2 Softshell Jacketの下に、インナーのB2 Short Sleeve Baselayerを着てるだけなのに。

暑いのでジッパー全開状態。S2ジャケットは本当に暖かいのです。

500m登ってヘロヘロなワタクシ。このあと、1000m以上登るわけですが……。

 

 

青梅街道(411号)をひたすら登る。大きな橋もあり、眺めはいいです。

道はキレイだし、車もバイクもあまり通りません。気持ちよく走れる道ですね。

そして、このあたりで日が傾き始め、すこし焦り始めます。明るいうちに着けるのだろうか?

 

気温3℃。風も出てきて、普段なら、なかなか寒い状況。

しかし今のワタクシはヒルクライム中。ちょうどいい気温です。暑くて脱いでいたグローブを再装備。

 

やっと柳沢峠に到着。あと13km……

柳沢峠は、空気が澄んでいて富士山がよく見えます。

自販機があり、のんびり休憩したいところですが、もう16時すぎ。マズイですよ! 日がほとんど沈んでしまいました。

 

ここからはすこしダウンヒル。暗くなってきて焦りますが、慎重に下ります。

なんせ気温は−1℃。そして道路の端っこで雪が凍っていて危ないですから。

ダウンヒルでこんなカチカチの氷を踏んだら、落車必至です。

 

キャンプ場への登りがスタート。あと500m以上登り……。暗くなり、景色を楽しむ余裕はもはやありません。

 

真っ暗闇ライドでの頼もしい味方。その名は、IonPro!

山道は街灯はありません。真っ暗です。しかし私には強い味方がいる!

そう、ボントレガー最強フロントライトのIon Pro!! こんなこともあろうかと導入しておきました。

さすが1300ルーメンのIon Pro。闇に包まれた山道でも余裕で前が見えます。

 

スマホは寒さのため、バッテリーが0。真っ暗闇の中、まったく人気のない山道を看板だけを頼りにひたすら進み、途中わずかにある人家で犬たちに吠えられたりして(真っ暗の中、急に吠えないで……)、半泣きになりながら、なんとかキャンプ場に到着。

ささっと受付をすまし、おばちゃんオススメの場所に設営……と思いきや、設営中に両足が攣り、グラウンドシートの上でのたうち回る始末。

ヒルクライムで汗をかいていたのに、寒くてあまり水分を取らなかったのが原因です。水分補給、大事ですよ。

 

やっとの思いでテントを設営し、まずは焚き火! 寒くて凍えそうですから。

ここは最近では少なくなった、直火(地面で焚き火すること)OKなキャンプ場です。

薪は受付時に買ったのですが、太くて立派なものばかり! 暗闇でナイフでのバトニング(薪割り)、大変でした。

火があるだけでホッと落ち着きますね。

 

冬キャンプで外で食べる、暖かい晩ご飯は最高です

お腹ぺこぺこなのですぐに晩ご飯に。今回のキャンプ飯は豆乳ごま鍋。寒い時期は鍋に限る!

調理も簡単。プチッと鍋を入れて、切って、ぶち込んで、煮るだけ!

はぁ〜暖まる。寒い中で食べる鍋は本当に美味しい……。

キャンプ場で野菜切るのは面倒です。家でカットして持っていくほうが楽ちん。

 

シメに買っておいた生麺を入れてラーメンに。うまっ!! これが絶品でした。また食べたい。

 

焚き火にあたりながらのコーヒータイム。やっと、のんびりできました。

一の瀬高原キャンプ場、とても静かです。耳に入るのは川のせせらぎと、薪が燃えるパチパチ音のみ。

虫はいないし、人は少ないし(この日はほかにひとりだけ)、鍋物が美味しいし、焚き火はぬくいし、空気は澄んでて景色や星が綺麗だし……。

冬キャンプは「寒さ」さえ対策できれば、良いところしかありません。その寒さが最大最強の敵なわけですが。

 

空を見上げれば満天の星空。もっと開けた場所に設営すればよかったかな〜。

このあと明るい月が出てきたので、あまり星は見えなくなりました。

 

ひとしきり焚き火を楽しんだところで、今日は疲れたし、さっさと寝よう。

と思いましたが、寝床が斜め! 暗い中で急いで設営したので、斜面でした(泣)。 お引っ越しして平らな場所へ。

テント内はなかなか寒いのですが、ダウンシュラフにカイロを3個入れて、ぬくぬく。

寝るときはTシャツにEvoke Mountain Bike Hoodieを着て、下は防寒タイツだけ。これ以上着ると、暑いです。

 

極寒を覚悟していた翌朝

朝。標高1300m近いので極寒なのでは? と心配しましたが、思ったほどでなくて安心。

 

パンとコーヒーで軽く朝食を済ましたあとは、場内を散歩。

余計な手が入っておらず、自然をそのまま満喫できる素敵なキャンプ場です。

小川沿いにも良い場所がたくさんありました。こっちに設営すればよかった。明るいうちに着いていれば……。

このとき、寒くて鼻垂れてます。

 

寒さで川のあちこちにつららが。私の鼻もこんな感じ。

 

帰りは、のんびり林道サイクリング。

当初はグラベルで遊んでいくつもりでしたが、思い切り道を間違えて下ってしまったのでナシ。

 

秘境感がたまらんです。

 

柳沢峠からのダウンヒルで冷え切ったので、大菩薩の湯に寄り、温泉にダイブ。極楽です。

お風呂上がりにはソースカツ丼をいただきました。衣はサクサクで、美味しかった。

 

ボントレガーのサイクルアクセサリーはキャンプでも活躍!

今回の冬キャンライドで大活躍だった、Velocis S1 Softshell GloveIon Pro

このグローブで柳沢峠からの氷点下ダウンヒルも問題なし。

Ion Proは、真っ暗山道を走るのに最適。さらにキャンプ場では、単純に灯りとして使える優れもの!

モバイルバッテリーとケーブルを持っていけば、残りバッテリーを気にせず使えます。

■Ion Pro RT Front Bike Light ¥15,648(税抜)

■Velocis S1 Softshell Glove ¥7,871(税抜)

 

冬キャンプ、始めてみませんか?

今回の冬キャンは出発が遅くて、いろいろと失敗。でも、なんだかんだで楽しかったですね〜。

冬キャンプは寒さ対策でちょっとハードルが高いですが、そのぶんほかの季節にはない楽しみが満載です。

Checkpointならそのハードルを越える、頼れるお供にもなってくれますよ!

 

今回走ったルートはこちら(新規タブで開きます)。

 

グラベルロード Checkpointについてはこちらのまとめもぜひご覧ください!

TREKグラベルロード Checkpoint -チェックポイント-記事まとめ!

 

バイクパッキング、キャンプライドのご相談もお気軽にどうぞ!

TREK Bicycle 甲府 InstagramページTREK Bicycle 甲府 FacebookページTREK Bicycle 甲府 Twitterページ

 

TREK Bicycle 甲府

〒400-0803

山梨県甲府市桜井町643番1

営業時間/11:00-19:00 定休日:火曜日

Tel:055-236-8515

人気の記事

最近の記事