新着情報&イベント NEWS & EVENT

神戸六甲

e-bike試乗会直前!神戸の街をe-bikeでサイクリングに行ってきました。

2019年1月21日 [神戸六甲]

スタッフブログ

TREK Bicycle 神戸六甲 ストアニュースをご覧いただきありがとうございます!
ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクなどの自転車の情報、
自転車のウェアやパーツ、神戸、西宮、芦屋などの周辺地域のサイクリング情報などいろいろと発信しております!

話題のe-bike TREK 「VERVE+」と「Dual Sport+」で神戸の街をサイクリングに行ってきました。

昨年のVerve+発売から早1年。e-bikeを楽しまれている方もいらっしゃれば、ご購入を検討中の方も多いかと思います。

ご検討中の方は、電動アシストスポーツバイクってどんな感じ? 坂の多い神戸の街でも楽しめるの? などなど疑問も多いかと思います。

1月26日(土)27日(日)にトレックバイシクル神戸六甲にて開催されるe-bike体験試乗会に先駆けて発売前のe-bike「Duar Sport+」が店頭にやってきましたので、実際に製品レビューもかねて神戸の街をサイクリングで楽しんできました。

走ったコースはトレックバイシクル神戸六甲→水道筋商店街→王子公園→北野異人館→元町商店街→神戸メリケンパーク→兵庫県立美術館→酒心館酒造→トレックバイシクル神戸六甲  神戸のちょっと東から神戸観光のど真中、三宮付近を走りました。走行距離は約20Kmです。

電動アシストスポーツ自転車をご検討中の方だけでなく、神戸の街並みをサイクリングで楽しみたい方など参考にしていただければと思います。

観光名所や個人的に行ってみたい所、さらにちょっとした坂で自転車で行くには二の足を踏んでしまう所を中心に行ってみました。

使用したe-bikeその1 TREK Dual sport+  352,000円(税抜)

すでに予約され、納車を楽しみにされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

内臓バッテリーになり、見た目も電動アシストスポーツ自転車と思えないほどすっきりとしました。

ボッシュ製の新型バッテリーPowerTube500は500whの大容量バッテリーでフル充電で約165km(エコモード)走れるなどロングライドも可能にします。

*試乗サンプルの為、製品とは一部仕様が異なります。

 

使用したe-bikeその2 TREK Verve+ 231,000円(税抜)

昨年の販売時より大変ご好評をいただいております。

内臓ライトやフェンダー(泥除け)は街乗りにピッタリです。ボッシュ製のバッテリー容量は300whとDual Sport+よりは少なくなっていますが、そのぶん23,1000円(税抜)は非常にコストパフォーマンスに優れ、自転車通勤をはじめ、日常的に使われるには最高の電動アシストスポーツ自転車です。

*小柄な女性が試乗したため、製品とは一部仕様が違います。

航続距離はDual Sport+(左)が158Km Verve+(右)が102Kmでした。Verve+はフル充電の状態です。Dual Sport+は先日のラジオの取材時に少し乗ったので航続距離はフル充電時より少なくなっています。

KISS FMで1月23日(水)の12:08分から放送される「アットイーズ」でトレックバイシクル神戸六甲が紹介されています。お時間のある方はぜひお聞き下さいね!

ちなみにDual Sport+に装着しているサイクルコンピューター「ガーミンEdge25」ですが、e-bikeなど大型のヘッドディスプレイが付いているモデルには、その小型コンパクトなボディーがピッタリとフィットします。

走行の記録などを残されたい方にはお勧めですよ!スマートフォンと連動させることによりLINEなどの通知も受け取ることができます。

 

最初に向かったのは六甲口の交差点。こちら標高約35M

ストアの標高が約4Mなので30Mほど登ります。ロードバイクなど普段からスポーツバイクを楽しまれている方ならたいした登りではないと思いますが、日常的に自転車通勤や普段の買い物などで自転車を使われる方にはしんどい坂なのです。

実際にトレックバイシクル神戸六甲付近で一般のシティーサイクルに乗られている方の電動ママチャリ率はかなり高めです。

このようなちょっとした坂が嫌で自転車を諦めていた方でも電動アシストスポーツ自転車なら安心です。

一緒に行った女性でも軽々と走っていました。

次に向かったのは水道筋商店街 こちら標高約40M ストアから約2.5Km

阪神電車の新在家駅付近にお住まいの方など行くには坂を登らないといけないので、近いけどちょっとめんどくさい距離だと思います。

ここまでも電動アシストスポーツ自転車なら余裕です。あっという間につきました。

自転車の魅力として自転車から降りたら「歩行者」になれます。商店街も押しながら通行しました。さすが地域密着の商店街。朝からたくさんのお買い物をされる方がいらっしゃいました。たこ焼きを売っているお店も2件ほどあったので、サイクリングの途中におやつ休憩もよろしいかと思います。

水道筋商店を通り次に向かったのは王子動物園。こちらも標高約40M トレックバイシクル神戸六甲から約3.5KM

時間の都合で残念ながら園内には入りませんでしたが、こちらパンダがいます。そして駐輪場もあるので、子供さんと一緒にサイクリングしながら動物園に行かれるのもよいと思います。

新神戸の駅前を通り、つぎは神戸観光の中心、北野異人館です。

地元の方ならよく知っていると思いますが、異人館の坂はなかなかの激坂なのです。

ここもさすがのe-bike!楽々です!

こちらは異人館観光の名所、スターバックスコーヒー神戸北野異人館店 こちら標高約40M

三宮駅方面から来ると直登に近い形で登ります。坂の傾斜もきついのですが、アシストが助けてくれるので楽に登れました。

一緒にサイクリングに行った女性も楽に登っていました。

神戸北野異人館も上のほうまで来ると、道路が通常のアスファルトではなく、このような滑りにくい道路になっている場所もあります。

写真だと伝わりにくい場所ですが、なかなかの坂です。

ここは溝があるといっても綺麗な路面ですが、ちょっとした段差やアスファルトが荒れている場所でもサスペンションのあるDual Sport+なら快適です。

傾斜のきつい登坂だと踏み込んだ時にサスペンションが動いてしまい、パワーロスとなるのですが、e-bikeならアシストしてくるので座ったままで登れます。またDual Sport+に装着されているサスペンションはロックすることができるので、急いでいる時などはさらに速く走ることもできます。

こちらは風見鶏の館前の広場 標高は約56M 今回のサイクリングでの最高地点です。神戸観光を自転車で行おうとすると、異人館などは坂があるので敬遠しがちだと思いますが、電動アシストスポーツ自転車なら気持ち良くサイクリングを楽しむことができます。

 

こちらは神戸ムスリムモスク。自転車なら徒歩よりも行動範囲が広く、車よりも細かく動けるので、行きそうで行かなかった所など簡単に行けますよ!

異人館を後にして次に向かったのはメリケンパーク。ポートタワーと海洋博物館のある景色はTHE神戸といったところでしょうか。

ストアから王子公園を通り、異人館を観光してここまで約11Kmでした。

街中の細い道などでも安定感のあるクロスバイクをベースとしたVerve+やDual Sport+なら気持ちよく走ることができます。

またTREKのe-bikeにはライトが標準で装備されているので、前方後方どちらも視認性が高く安全です。搭載されているライトはメインのバッテリーから給電されるので、電池切れの心配もありません。また大容量のバッテリーなので、ライトの仕様によって航続距離が短くなることもほとんどありません。

安全面が気になる方でも安心してお乗りいただくことができます。

神戸の新たな観光スポットBE KOBE 週末などは写真撮影の為に行列ができていたりします。

メリケンパークからは居留地を通って東遊園地へ

このあたりはカフェやアウトドアショップなどもありますので、休憩やウィンドウショッピングも楽しめますよ。

 

サイクリングに行った日は1月17日でした。阪神淡路大震災から24年がたちました。

阪神淡路大震災の日、私は高校生でした。高校が避難所になり、しばらくは学校に行けなかったこと、電車が止まってしまった為、自転車(高校生の頃はママチャリでした)に乗って学校まで行ったことなどを思い出しました。

昨年も大きな地震があり交通機関が止まりました。帰宅が困難になったときの為に徒歩での帰宅を事前にされる方もいらっしゃいますが、まずは自転車で自宅から会社まで行ってみるのはいかがでしょうか?

電車通勤では気が付かなかった公園や学校などの避難場所、車では気づかなくても以外と多いちょっとした坂など、よりリアルに道路のことがわかりますよ。

こちらは兵庫県立美術館の海側にある「サン・シスター」復興を願って建てられています。

このあたりは道幅も広かったり大きな公園もありますので、子供さんの自転車の練習にもピッタリですよ。

最後はトレックバイシクル神戸六甲を東にちょっと超えて酒心館酒造さんへ

トレックバイシクル神戸六甲のあるあたりは、灘五郷といわれる日本酒の生産地となっています。

そして今は「蔵開き」と言われる新酒のできあげる季節です。お土産に美味しい日本酒を買うために最後は酒蔵に行ってきました。

買ったのはこちら「福寿の限定品」とラベルがかわいい「神戸カップ」

神戸のお土産といえば美味しいスイーツを思い浮かべる方も多いと思いますが、お酒好きの方はぜひ日本酒を買われてみてはいかがでしょうか?

 

e-bikeで神戸の観光地をサイクリング、いかがだったでしょうか?

スポーツバイクでサイクリングといえば、ロングライドなど長い距離を走ったり、淡路島やしまなみ海道を走ったりといったイメージがおありの方もいらっしゃると思いますが、自転車の行動力を活かして観光するのも楽しいサイクリングになります。

今回は電動アシストスポーツ自転車に乗ってのサイクリングだったので、坂道もすいすい行けますし、クロスバイクがベースの車体は抜群の安定感でスピードがゆっくりの街中でも快適に走ることができます。

スポーツバイクを買っても乗れるか不安の方などぜひ電動アシストスポーツ自転車「e-bike」もご検討下さい。

最後に航続距離ですが

Verve+  102Km→122Km

Dual Sport+ 158Km→146Km

となりました。Verve+が増えています。これは航続距離をコンピューターで計算しながら更新していくという機能の為です。Verve+に乗っていた女性はあまりの快適さに楽すぎて体が暖まらないと途中でアシストの機能をOFFにしていました。e-bikeは実際に走った走行距離の中でどれだけアシストしたか(バッテリーを消費したか)によって残りの航続距離を算出します。

残り100Kmの航続距離が表示された状態で10Km走行したら航続距離が90Kmに減少すると思われがちですが、走行した10Kmをアシストのない時速24Km以上のスピードで走行すれば航続距離は伸びます。

少し複雑ですが、乗車される方の体重(想定されている体重は65Kg)や道路状況(登り坂か下り坂)などによっても変わります。

Dual Sport+は最初から最後までほぼアシスト最大のTURBOで走りましたが、走行距離は12Kmしか減少しませんでした。

電動アシストスポーツ自転車、想像以上によく走ってくれますよ!!!

 

1月26日(土)27日(日)はe-bikeの試乗会を開催いたします。

昨年に発売されてから好評をいただいているVerve+と今春発売予定のDual Sport+どちらも試乗していただくことができます!

試乗会の詳しい情報はこちらをご覧になって下さい。

1月26日27日は、e-bike(電動アシストスポーツ自転車)体験試乗会!

 

その他にも10台以上のスポーツバイクの試乗車をご用意してお待ちしております。

クロスバイクかロードバイクか?

ディスクロードに乗ってみたい。

グラベルロードの乗り心地はどんな感じ?

などなどいろいろお試しいただくこともできますよ!!!

週末はぜひトレックバイシクル神戸六甲へご来店下さい。


 

20160902main1

tw

FB

instagram-new-logo-100675023-large
■ 大型駐車場完備
TREK Bicycle 神戸六甲は、神戸市灘区・国道43号線沿いのショッピングモール「サザンモール六甲」の中にあります。
お車でお越しの方は、1時間まで無料でサザンモール六甲の駐車場をご利用いただけます。
また、サザンモール六甲のお店で1000円以上のお買い物をして頂くと、プラス3時間まで無料でご利用頂けます。

■ 自転車でお越しの方
店舗前に自転車ラックを用意しております。お気軽にご利用下さい。
なお、ショッピングモール内ウッドデッキは車両走行禁止となっております。
お手数ですがモール敷地内は自転車を押してご来店下さい。

人気の記事

最近の記事