新着情報&イベント NEWS & EVENT

新潟

【マウンテンバイクを選ぶ】ハードテールorフルサスペンション

2019年1月20日 [新潟]

バイクスタッフブログ

ここ最近、マウンテンバイクをお探しのお客様が目立つ新潟店。
種類がたくさんあって、迷ってしまいますね。

一番多いご質問が、ハードテールとフルサスペンションバイクならどちら?

 

ハードテールバイク

おすすめポイント:軽さを求める方 スムーズな林道などを楽しみたい方 通勤でも乗りたい方

MARLIN7 ¥75,600

マウンテンバイク好きのスタッフ談

マウンテンバイクに乗り始めてすぐのころは、ハードテールばかりでした。

里山を楽しむ乗り方だったので、上りの多いコースで、ひたすら上って上って

下るというスタイル。

斜度のきついオフロードの上りはかなり難しく、フロントサスペンションの

動く量(トラベル量)が少ないものの方が、上り易いです。

里山の下りであれば、衝撃も大きくないのでハードテールでも楽しめます。

難しいセクションに入ると、怖さでスピードが出せないので、ハードテールでも十分!

そして、人気のMARLINなら街乗りにも使えて一台で大活躍!

幅広く楽しんでいただけるので、自転車の保管スペースが限られてしまうという方にもおすすめします。

山でも

街でもHave fun!

 

フルサスペンションバイク

おすすめポイント:本気で山に挑戦したい方 里山、ダウンヒルコースと幅広く楽しみたい方

REMEDY8  ¥399,600

シンプルに表現しますと、バイクがトレイルライドを楽しくさせてくれる!

ハードテールとの大きな違いは、ブレーキなしで下れるポイントでのスピード域です。

ハードテールですと、高速スピードでの跳ね上げが強くなるので、バイクのコントロールに一生懸命になります。

フルサスペンションバイクよりも、必死さが強まります。

例えばダウンヒルコース

ハードテールで下ると、ペダルに足を安定させることに必死 ハンドルをコントロールすることに必死 コースを外れないようにすることに必死

とにかく必死なので、数分ごとに止まりたくなります。

一度の下りでヘトヘトです。

同じコースをRemedyで下ると、びっくりします。

自分のスキルが一気にアップしたように思ってしまいます。

バイクが、路面をしっかりとらえてくれるので、コントロールに余裕が生まれて、

楽しむことが出来ます。

いつもよりスピードを出しても、コースを外れることはありません。

初めてだけど、いろいろなコースに挑戦したいという方や、バイクコントロールに自信がないという方にこそ

フルサスペンションをおすすめします。

こんな風にRemedyでガシガシ下ろう

こんな風になれるかも!?

ハードテール、フルサスペンションバイクのどちらかを選ばれたあとは、、、

それぞれに車種がたくさんあるので、フレームの素材や構造、変速機などのパーツの性能

サスペンションの性能などなどで絞り込んで行きます。

性能よりも見た目が重要!!!

そういう選び方も楽しいですね。

ハードテールでダウンヒルもガシガシ走れちゃうんだ!と誇らしく語るのもまたマウンテンバイクの

楽しさのひとつだと思います。

とっておきの一台を見つけてください。

 

 

 

 

人気の記事

最近の記事