新着情報&イベント NEWS & EVENT

横浜

【2006年モデル】5200

2018年9月28日 [横浜]

バイクスタッフブログ

懐かしのフルカーボンロードバイクがオーバーホールにやってきました。

OCLV120『5200』

 

ちなみにOCLVというTREK独自のカーボン技術をご存知でしょうか?

 

OCLVとは、Optimum Compaction Low Void の略で、日本語にすると『適正圧縮低空隙』ことなのです。どういうことかといいますと、カーボンバイクを製造する際にカーボンを何層にも重ねるのですが、その時にどうしてもカーボン繊維間に空気が入ってしまうのですが、その空気を極限まで少なくする技術で、実はトレックのカーボンバイクは、宇宙航空産業よりも倍くらい厳格な品質管理によりカーボンバイクを製造しているのです。それがOCLVという技術なのです。

現在の最上位グレードは700、当時は120ですが素材のグレードは違えど当時からOCLV技術を駆使してバイクを製造していたのです。

 

チェーンステーに入る『HANDBUILD IN THE USA』とシートチューブに入る『MADE IN WATERLOO』のデカール。テンション上がりますね。


歴史を感じるヘッドマーク。


トップチューブに入る『5200』のロゴ、古くからのトレックファンはこの字体に懐かしさを感じるのではないでしょうか?


TREKのダウンチューブロゴの変遷も面白いですね。私はこのロゴも好きですが、MADONE SLRについているどでかいTREKロゴにも非常に魅力を感じています。

 

フレームはもちろん生涯補償中ですが、ぜひず~っと乗り続けていただきたいバイクですね。大切にしてください。

 

こういった古いバイクも費用は掛かってしまいますが、安心して走れるようにオーバーホールやメンテナンス可能です。価格も含めてスタッフまでお気軽にご相談ください。お待ちしております。(費用や期間は、保管状況や各パーツの状況により異なります。)

 

※提携の無料駐車場がございますので、車をご利用のお客様はぜひご利用ください。駐車場の案内はコチラをご覧ください。

 

人気の記事

最近の記事