新着情報&イベント NEWS & EVENT

神戸六甲

★1レベル高い安全性★Mipsブレインプロテクション搭載でコストパフォーマンス抜群のヘルメット『BONTRAGER STARVOS Mips』

2018年9月14日 [神戸六甲]

パーツ・アクセサリ

TREK Bicycle 神戸六甲 ストアニュースをご覧いただきありがとうございます!
ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクなどの自転車の情報、
自転車のウェアやパーツ、神戸、西宮、芦屋などの周辺地域のサイクリング情報などいろいろと発信しております!

 

自転車用ヘルメットの安全レベルを引き上げる【Mips】ブレインプロテクション

通常、自転車用ヘルメットは、ヘルメット自体の大半を占める発泡素材が衝撃を吸収することで頭蓋骨へのダメージを軽減します。
それに加え、最新のヘルメットで徐々に採用されることが増えてきたのが、安全レベルを1レベル引き上げる【Mips】です。
【MIPS】は、Multi-directional Impact Protection Syste の略で、多方向からの衝撃に対する防護システムです。
スキー、スノーボードなどウィンタースポーツが盛んな北欧で長年の研究から開発された脳自体が持つ防護性を模したMIPSは、斜めからの衝撃で脳が受けるダメージに対して高い保護性を提供するため、オートバイ用のヘルメットや自転車用のヘルメットで採用されるようになってきました。
【Mips】の働きに関しては、下の動画をご覧ください。

 

【Mips】採用でコストパフォーマンスに優れるヘルメット『BONTRAGER STARVOS Mips』

【Mips】は2万円を越えるような高級ヘルメットに採用されることが多いのですが、¥12,900-(税込)という比較的お求めやすい価格で手に入る【Mips】採用ヘルメットが『スターボス・ミップス』です。


「オーソドックスなロードバイク向きヘルメット」といった感のある『STARVOS Mips』。最大の特徴は、ヘルメット内側の『Mips』です。

ヘルメット内側の薄いシート(スリッププレーン)が、転倒時に地面などに接触した際にわずか数mmですがスライドすることで衝撃の方向をずらし、頭蓋骨の中で脳が受けるダメージを軽減します。
 
『STARVOS Mips』は帽体自体はアジア人の平均的な頭蓋骨形状に合わせたアジアフィットでは無いのですが、上位ヘルメットに採用されている「BOA」マイクロアジャストダイヤルのフィットシステムが使われています。

アジアフィットでは無いので、やや大きいかな?といったサイズのものを選んでいただくことになる方が多くなりますが、BOAダイヤルのおかげで、しっかりとフィット感は高められます。
比較的お求めやすい価格で1レベル安全性の高い「Mips」ヘルメットが手に入るので、ぜひ、店頭でフィット感を確認いただければと思います。
 
『STARVOS Mips』は、上の写真のホワイト(White / Waterloo Blue)の他に、マットブラック(Black)とレッド(Viper Red)があります。


サイズは、各色にM(54~60cm)、L(58~63cm)があり、マットブラックのみXL(60~66cm)サイズもあります。
 
BONTRAGER STARVOS Mips
カラー:ホワイト(White / Waterloo Blue)、レッド(Viper Red)、マットブラック(Black)
サイズ:M(54~60cm)、L(58~63cm)、XL(60~66cm ※マットブラックのみ)
価格 ¥11,944-(消費税抜き)/ ¥12,900-(消費税込み)
 

BONTRAGERヘルメットのクラッシュリプレースメントギャランティー


BONTRAGERのヘルメットはクラッシュリプレースメントギャランティー付き。購入後1年以内なら、転倒で破損したヘルメットを無償交換いたします。
無償交換の適用には購入日のわかるレシートが必要になります。BONTRAGERのヘルメットを購入した際はレシートも保管していただくようお願いします。
 


 

20160902main1

tw

FB

instagram-new-logo-100675023-large
■ 大型駐車場完備
TREK Bicycle 神戸六甲は、神戸市灘区・国道43号線沿いのショッピングモール「サザンモール六甲」の中にあります。
お車でお越しの方は、1時間まで無料でサザンモール六甲の駐車場をご利用いただけます。
また、サザンモール六甲のお店で1000円以上のお買い物をして頂くと、プラス3時間まで無料でご利用頂けます。

■ 自転車でお越しの方
店舗前に自転車ラックを用意しております。お気軽にご利用下さい。
なお、ショッピングモール内ウッドデッキは車両走行禁止となっております。
お手数ですがモール敷地内は自転車を押してご来店下さい。

人気の記事

最近の記事