新着情報&イベント NEWS & EVENT

名古屋星が丘テラス

今話題!のディスクブレーキロードバイクを徹底解説 Vol.1

2018年8月23日 [名古屋星が丘テラス]

スタッフブログ

こんにちは!

猛暑もいくらか和らぎ、ライドに出掛けやすくなってきましたね。

 

さて今回は、2019年モデルも出揃い新しいバイクの購入を検討されている方やそうでない方も気になっているであろう「ディスクブレーキ」についてです。

 

ディスクロードバイク新時代へ

最近とても話題になってきているロードバイクのディスクブレーキ。

UCIがディスクブレーキの実戦使用を全面解禁したことで、今年行われた世界最大の自転車レース「ツール・ド・フランス」でもいくつかのチームがディスクブレーキロードバイクをレースに投入していました。

ツール・ド・フランスに出場したTREK-Segafredoのバウケ・モレマ選手

でも何が今までのバイクのブレーキと違うのかまだまだ分からない方も多いと思います。

そこで今回はじっくりとロードバイクのディスクブレーキについて解説していきたいと思います!

 

今回はディスクブレーキの特徴を3つ挙げて解説していきたいと思います。

タッチの軽さ

今までのキャリパーブレーキ又は機械式のディスクブレーキは、ワイヤーを使って動かしていたのでどうしてもワイヤーと各部の抵抗が生まれ、ブレーキをかける際に腕の力を必要としていました。

しかし多くのロードバイクについている油圧式のディスクブレーキは、その名の通り油圧でブレーキ本体を動かすので力がほとんど必要ありません。

例えば長い坂を下る時やコーナーが連続する様な道では何回もブレーキを多用する為、手に負担がかかります。

でも油圧式ディスクブレーキなら大丈夫!力が要らないから何回ブレーキしても疲れません。

ダウンヒルが好きな方にはディスクブレーキがオススメです!

 

コントロールの簡単さ

前述のタッチの軽さによって更にコントロールのやり易さが生まれます。

油圧式のディスクブレーキはキャリパーブレーキと全く違ったブレーキの効き方をします。

車のブレーキの様にブレーキレバーを引いた分だけブレーキがかかります。

この様なディスクブレーキの効き方を覚えてしまうと、

 

自分の思い通りにブレーキをかけることが出来る為、無駄なブレーキングをしなくて済み、結果腕への負担が減る

 

という好循環が生まれます。

下りなどの場面でバイクを上手くコントロール出来た時はとても楽しいですよ!

 

制動力が変わらない

ディスクブレーキはキャリパーブレーキと比べて制動力が雨天などの悪天候でも落ちにくいです。

ロングライド中に峠を上り疲れている中、下ろうとしたら雨なんていう状況でもディスクブレーキなら安心です!

いつでも安心してブレーキがかけれるのはライドの心強い味方ですね。

 

ディスクブレーキに大きな特徴はこのような3つに絞られると思います。

 

 

ここまでディスクブレーキのメリットなどの良い部分を解説してきましたが、

次はお客様によく質問を頂く、ディスクブレーキの気になる点についてです。

 

ディスクブレーキのメンテナンス

ブレーキはバイクに乗る上でもっとも大事な部分の一つなので、その部分のメンテナンス性は気になりますよね!

ディスクブレーキは一度調整をしてしまえばこまめにメンテナンスする必要はありません。

唯一必要なのはブレーキパットの交換とブレーキオイルの交換です。

ブレーキパットは乗る頻度やライドする地形や天気などに左右されますが、目安としては半年から1年といったところです。

ブレーキオイルは古いものを使っていると、握り、タッチ感、制動に影響してきます。交換時期の目安としては1年から2年となります。これも使用頻度によって変わります。

なので油圧ディスクブレーキを搭載している車種は、出来れば一年に一回はお店に持ち込んで頂いてメンテナンスを受けることをおすすめします!

 

輪行は可能なのか

ロングライドの強い味方「輪行」。でもディスクロードだと無理なのでは?と心配される方もいますがそんなことはございません!

今までどおりに輪行袋に入れて頂いてかまいません。ただしエンド金具がスルーアクスル専用のものとなりますので、新しいものを購入しなければいけません。後はローターがフレームに当たって傷つくことを気をつけてください。これで完璧です!

それ以外は今までどおりで大丈夫です☆ディスクブレーキでも輪行は楽しめます!

 

ディスクブレーキの重さ

リムブレーキからディスクブレーキにすることで重量は重くなってしまいます。ただ約600~700gほどの差なので、大きな重量差は無いです。レースに出る方で特にヒルクライムだけという方は気になる重量差かもしれませんが、ロングライドに出掛ける方やレースでもヒルクライム以外に出られる方などは上記でご紹介したメリットの方が大きいと思います。

 

Vol.1はここまでです。

皆さんディスクブレーキの魅力はお分かりいただけたでしょうか?

近日公開のVol.2ではスタッフおすすめのディスクロードバイクの紹介と実際にディスクロードに乗っている当店の店長によるインプレです!

お楽しみに!

人気の記事

最近の記事