新着情報&イベント NEWS & EVENT

横浜

【現地レポート】TREK WORLD 2019!トレックバイシクル横浜・中西

2018年8月12日 [横浜]

イベントスタッフブログ

 

トレックとボントレガーの2019年モデルが勢揃いする「トレックワールド」

7月13日にグランドオープンをしたばかりのトレックバイシクル横浜の店長・中西です。8月7日(火)にお店の定休日を利用して 『TREK WORLD 2019』に行って参りましたので、中西がTREK WORLDの様子をレポートいたします。少々長くなりますがお付き合いください。

 

 

それにしてもいきなり!『TREK WORLD(トレックワールド)』って言われても…なに?って感じですよね。それもそのはず、『TREK WORLD』とはトレック・ジャパンが年に一度、トレック販売店向けに開催する新製品展示会のことで、一般お客様向けの展示会ではないので知らなくて当然なのです。今年は8月7日~9日に京都国際会館で開催され、2019年モデルの勉強してきましたので、ストアニュースにてその様子や気になる新商品の情報をお届けいたします。

 

 

京都国際会館の広いイベントホールに、2019年モデルのトレックバイクとボントレガーアクセサリーが一堂に展示されています。私もトレックバイシクル(直営店)にいながら『こんなお店があったらいいな~』っと思ってしまいました。まさにトレックの世界観が体現されトレックファンなら何時間いても飽きない、そんな不思議な空間です。私は『帰りたくないっ』って思ってしまいました。

 

 

会場はロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイク、アクセサリーが各カテゴリーごとにブースに分けられて展示されています。そしてキッズモデルはキッズモデルだけのブースがあるんです。キッズモデルにも手を抜かず創り込んでいるトレックの本気を感じることができます。また、普段はなかなか見ることのできないハイエンドモデルも多数展示されています。Project Oneで展開されている見る角度や光の入り方で表情をどんどん変える魅惑のICONの美しさは秀逸でした。

ボントレガーもしっかりフルラインナップが展示されています。ヘルメットやシューズの新色や、ライト・タイヤの新アイテム…さらには、いままでは販売していなかった新カテゴリーの商品まで発表されていました。2019年のボントレガーは増々勢いをつけてアクセサリー類の展開を進めていくようですよ。楽しみですね~。

2019年注目のバイクの試乗車も揃っていました。Ēmonda ALR 5、Ēmonda SLR 7 DISCと注目のモデルに試乗してきましたので、インプレッションは別のブログにまとめさせていただきますので、お楽しみに。

 

▶Ēmonda ALR 5 インプレッションブログはこちら

 

トレック2019年モデルおすすめバイク!

トレックワールドでは、2019年のニューモデルがすべて発表されました。最新テクノロジー搭載のカーボンロードバイクから人気モデルのクロスバイク、そして限定マウンテンバイクなど、早速、注目のモデルをみていきましょう!

 

トレック史上最速のエアロロードバイク『Madone SLR』

2019 NEW MADONE SLR DISC

 

なんといっても2019年のイチオシバイクは、3年間の開発期間を要し満を持して投入された『MADONE SLR』で間違いありません。乗り心地とエアロという相反する性能を高い次元で見事に融合し、究極のエアロ性能を持ちながら、乗り心地も良いという最強のエアロロードバイクそれが『MADONE SLR』 なのです。

 

期間限定試乗車が横浜にあります‼(8/19まで)

8月19日(日)までの期間限定で、2019年のイチオシバイク『MADONE SLR 9 DISC』の試乗車が横浜にありますよ。ぜひこの機会に驚きの走行性能を自身で体感してみてください。

 

▶期間限定試乗車の詳細はこちら

▶新型Madone SLRの詳細はこちら

 

トレック史上もっとも”遊べる”ロードバイク⁉『CHECKPOINT』

2018モデルイヤーの途中に発表され、瞬く間に人気に火が付いた『CHECKPOINT-チェックポイント‐』。ロードバイクでは尻込みしてしまうような砂利道や林道などの悪路でもぐんぐん進んでいくことのできる、抜群の安定感と走破性が魅力のグラベルロードバイクです。2019年はカーボンモデル(SL)、アルミモデル(ALR)にさらにアルミのエントリーグレード(AL)も追加されることになりました。

 

 

どこでも”遊べる”ロードバイクですから、もちろんキャリアの取り付けができますし、フレームやフォークの各部分にボルト穴がこれでもかっというくらいに付けられていますので、荷物を積み込み方はオーナーさんアイデア次第って感じなんです。

 

 

最近、グラベルロングライドで流行している、バイクパッキングをしてみるとこんな感じになるそうです。ですが、ただロードバイクのようにロードを走っていても楽しいだろうな~って考えてしまうバイクですね。

 

▶CHECKPOINTの詳細はこちら

 

【特別発注モデル】のマウンテンバイク『STACHE』

『特別発注モデル…?』ですよね。特別発注モデルとは、限定販売品で受注分のみの販売となるモデルのことです。ってそれが2019年のオススメバイクですか?ってことなんですが、これがど~考えても超が付くオススメなんです。どこをどうとってみても絶対的に日本のマウンテンバイクフィールドにぴったりマッチしたマウンテンバイクなんです。ということで私の独断と偏見でオススメでご紹介しちゃいます。

 

簡単に『STACHE-スタッシュ‐』を説明すると、120㎜トラベルのフロントフォークを搭載した29インチセミファットハードテイルバイクです。

 

見た目で何か不思議な形をした、エレベーテッドチェーンステーが特徴的な『STACHE-スタッシュ‐』。見た目を優先してこんな形にしているわけではありません。タイヤのクリアランスを確保しながら、驚異的に短いチェーンステーを実現するためにあえてこの形にしています。この短いチェーンステーが日本のようなスイッチバックの多いトレイルで威力を発揮すること間違いなし、29インチホイールとは思えないクイックなコントロール感を提供してくれるはずです。『私、久々に欲しい~』って思ったマウンテンバイクです。

 

グレードは3グレードの展開で、上からカーボンモデルの『STACHE 9.7』¥370,000-(税抜)、真ん中がアルミモデルのミドルグレード『STACHE 7』¥259,000-(税抜)、下がアルミモデルのエントリーグレード『STACHE 5』¥189,000-(税抜)です。

 

※各モデル9月16日までの期間限定の受注となります。各バイクの詳細は追ってブログに記載いたしますが、早めに知りたいというお客様がいらっしゃいましたらスタッフまでご相談ください。

ボントレガー2019年モデルおすすめアイテム!

バイクだけでなく、2019年はボントレガーからもアツい商品が登場しています。

 

R4 Classics Hard-Case Lite Road タイヤ

 

320TPIケーシングでクリンチャータイヤなのにチューブラーのように、しなやかでグリップ感のある走りを体感できるタイヤ。構造はチューブラータイヤとじでチューブラータイヤの開きのような状態であることから『オープンチューブラータイヤ』とも呼ばれています。タイヤの太さは28cで、かつ高いグリップをもたらすトレッドパターンで優れた安定性と快適性をライダー提供します。チューブラータイヤといえば、しなやかな乗り味と引き換えにパンクが心配ですが、このタイヤには走行面にHard-Caseというトレック独自のパンク防止繊維が配置されているので、実は耐パンク性にも優れています。

 

価格:9,167円(税抜)

サイズ:700 x28c

カラー:Black

入荷予定:9月上旬

 

まさかソールがオシャンティーになっているとは…BALLISTA LTD

 

エアロ効果と高いフィット感を生み出すヒールBOAダイヤルシステムHEEL REEL-ヒールリール‐を搭載したロードシューズ『Ballista-バリスタ‐』。イエローのリミテッドモデルが発売されるとアナウンスされ、ただの黄色いシューズだと思っておりましたが…まっまさかソールにこんなお洒落な仕掛けがしてあるなんて。一気に欲しくなりました。

 

価格:27,685円(税抜)

カラー:Radioactive Yellow

入荷予定:10月下旬

※ご予約も受け付けますので、スタッフまでご相談ください。

 

Bontrager x ABUSの新型ロック

なんとボントレガーから世界的に信頼性のあるドイツのアクセサリーブランドABUS(アブス)製ロックが登場します!写真のダイヤル式を含む、3モデルを展開予定です!少し先の入荷予定となっていますが、入荷次第、またご案内いたします!

 

価格:3,241円(税抜)

カラー:Black

長さ:180cm

入荷予定:10月中旬

その他、気になるモデルが続々!

中でも気になったのが、出るんじゃないかといわれていた新eBikeの『Dual Sport +-デュアルスポーツプラス‐』です。

 

新型eBike!Dual Sport +

eBikeに新たなラインナップ「Dual Sport +(デュアルスポーツ・プラス)」が登場です!フロントサスペンションがついたモデルで、今までのVERVE+(ヴァーヴプラス)よりもちょっとハード路面でも走行が楽しめるようになっています。Boschとの共同開発でフレーム内蔵式のバッテリーになり、見た目もすっきりです。しかも業界最大量500whのバッテリーを搭載し、バッテリーを自転車から外すことなく充電することが可能なジャックがダウンチューブに設置されました。詳しい入荷時期や店頭での試乗が可能になれば、またご案内いたします!

 

 

価格:352,000円(税別)
カラー:Trek Black
サイズ:S, M, L, XL

 

 

BoschのRIDE+担当者である高橋さんよりバッテリーについて教えていただきました。バッテリーを取り外した状態でも走行が可能だそうです。

 

試乗インプレッション!新型eBike『Dual Sport +』

 

今回、トレックワールドで発表された新型eBike『Dual Sport +』も試乗してきました!フレームがのお陰なのかVerve+よりも走行における軽量感、ペダリングのダイレクト感が増しグイグイ走ることができました。また、何と言っても、バッテリーがフレームに一体化されているのが、よりスポーツバイクらしいスタイリッシュさを提供します。Dual Sport +のスタイリッシュさとは裏腹に全くスタイリッシュな乗り方をしていない私…でもこんなんでもひとりでにぐんぐん坂を登って行ってしまうんです。ほんとeBikeは罪な奴です。

 

続きはTREK Bicycle 横浜へ!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!ここではご紹介しきれない最新情報が他にもたくさんございます!続きは店頭でスタッフまでお声がけください。店内閲覧用ですが、暫定的なディーラー向けカタログもご覧いただくことができます。また、トレックの公式ホームページ上でも順次更新がありますので、チェックしてみてください!

 

TREK Bicycle 横浜

231-0804

神奈川県横浜市中区本牧宮原1-5 サンタハウス1F

営業時間:11時~19時

定休日:火曜日

電話:045-225-8592

駐車場:無料の提携駐車場がございます。詳しくはこちら

 

皆さまのご来店をスタッフ一同、お待ちしております

 

人気の記事

最近の記事