新着情報&イベント NEWS & EVENT

六本木

【ライドレポート】東京から手軽に行ける、夏に涼しい緑と滝の「宮ヶ瀬湖一周コース」

2018年8月2日 [六本木]

スタッフブログ

 

こんにちは。7月より六本木店にて働くことになりました羽田(はねだ)と申します。今までファッション業界で働いており、ロードバイクには「ただ乗るだけの人」でした。これからは、東京から気軽に行けるコースのご紹介などを主にしていければ、と思っております。

 

さて、東京や神奈川のライダーに人気のスポットと言えば、まずはヤビツでしょうか。。でも最近の土砂崩れで道路が陥没してしまい、この先数ヶ月は復旧目処が立たないようなので困っているサイクリストも多いかと思います。私もそのうちの一人で、今度どこ走りに行こうかな、と悩んでいた矢先、友人らから「宮ヶ瀬湖をのんびり回るから一緒にどう?」と誘われ、先日行って参りました。

 

伊勢原駅北口に8時に集合し、半原越えの後にジェラートで有名な服部牧場経由で林道早戸川線を往復し、宮ヶ瀬湖をぐるりと回って伊勢原駅に戻る70キロほどのコース。どなたかのブログで、服部牧場手前に激坂の存在を聞いていた為ちょっと不安でしたが、実際走って見ると” 激 ”がつくほどではなく、車で行った方が傾斜がきつく感じるタイプの坂なのかもしれません。坂を上りきった左手にはたくさんの羊たちがお迎えをしてくれて、「かわいいご褒美♡」と思っていたら後から来た友人らは皆右に曲がって更に坂を登り続けます。あぁ、ジェラートってまだ先だったのね、と気付いた瞬間。

 

 

その後宮ヶ瀬ダムから林道早戸川線を通り、そのまま魚止橋の所にある滝を目指してちょっとしたヒルクライムです。緑美しい木々に囲まれ、なんとなく雰囲気もミニヤビツで癒されます。

 

勾配もさほどきつくなく、緑に囲まれているので日焼けの心配もなく夏は最高です!

 

 

小さいながらも趣ある三日月滝。水量が少なかったのでうっかり見落としそうになりましたが、高さがかなりある為、水量がある時は見応えがありそうです。そしてこの先から若干勾配もきつめになります。

 

 

ここ早戸川線はこの黄色い看板のある魚止橋にぶち当たったらU ターンをし、また同じ道を下らなくてはならない為、気持ちいい道にも関わらずサイクリストは少なく、意外な穴場だということを発見しました。魚止橋から先は2キロ強のグラベルになり、その先に日本の滝百選のうちの一つでかつアプローチが難関なことで有名な早戸大滝があるのですが、今回は普通のロードの為に断念。ああ、こんな時に Checkpoint があればなぁ。。。と悔やまれました。

 

 

看板から先は2キロの本格的なグラベル。25cのタイヤだと確実にパンクしそうです。。。

 

 

このままUターンするのも勿体ないので、橋の所にバイクをとめて水の中に飛び込んでみることにしました。(滝までのアプローチは写真左下のように急な斜面でつるつるとした石もゴロゴロとしたハイキングコースのようになっているので、皆さまくれぐれもご注意ください!クリートの付いた靴だと本当に怖いです。)

 

足の先をちょっと入れて見ると、あまりもの冷たさにびっくりです。だんだんと慣らして、流されないように気をつけながら水に浸かってみると、気持ちのいいこと!下の滝の所でピクニックをしているグループもいて、私も今度真似してみたいな、と思いました。その時はスニーカーで、一番奥の早戸大滝にも行ってみなくては!(ただし「熊注意」の看板をあちこちで見かけたため、一人で行くのは避けた方が無難です。)

 

 

(水の中から自転車を停めてある橋を見たところ。中央にピクニック中の女性が一人見えます。)

 

本来ならばこの林道早戸川線を消化してからヤビツに行くのが最高なのですが、まぁこの暑さなので、しばらくはこの林道&滝で涼むだけというのもいいかもしれません。。。

 

今回のルート:伊勢原駅→宮ケ瀬湖→伊勢原駅

詳細ルートはこちら →  https://ridewithgps.com/routes/28224053

走行距離:77.4km

獲得標高:1,832m

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!皆さまでも“夏に涼める”おすすめコースがありましたら、ぜひ羽田までお知らせください!

 

人気の記事

最近の記事