新着情報&イベント NEWS & EVENT

東京昭島

【いざグラベル!】CHECKPOINT店頭展示スタート【バイクパッキングできます】

2018年3月12日 [東京昭島]

バイクスタッフブログ

朝晩はまだまだ冷えますが、晴れた日中に限っては春めいてきたな、そんな風に感じることが増えてきました。昭島です。

3月1日に発表になったばかりのこのモデル。CHECKPOINT(チェックポイント)の店頭での展示がスタートしました。このバイクは特に昭島・東京西部・埼玉西部の皆さんにぜひご覧頂きたいモデル。未舗装の林道などを走行するのに最適な仕様となっているので、街乗りから里山遊び、キャンプライドなど、遊びの幅がぐーん!と広がります。

昭島から西へ向かうと、山が近づきますね。武蔵五日市駅をすぎれば、民家は減り、山あいに通された道路の脇を小さな清流が流れます。湿気を多く含んだ空気に落ち葉や土の匂いが濃くなってくると、林道の入口はもうすぐ。山へ向かう勾配はいよいよキツくなり、息があがるのを整えたら、小さな橋を渡りましょう。林道入口脇に立つ、くすんだ青い看板の林道の名前をなんとなく記憶に残し、全長がどれくらい有るのか…サイコンの数字にちらりと目をやって簡単な足し算をしておけば、途中がどんなに厳しい道程だったとしても、頂上までの残り距離は心の支えとなってくれるでしょう。

舗装がなくなる、あぁ、林道だもの。砂利だよね。頭では理解していても、いざその上に乗り込めば、途端にバランスを取ること・バイクを前へ進ませることに全神経を集中することになる。不安定な路面では滑ることを恐れず、トルクを掛け続ける、全身で前へ進ませていくことが肝要。慣れないうちは舗装路の上を走っているときには考えもしなかったことで頭が一杯になるかもしれない。でも、少し経てば、それはバイクをコントロールしている、支配下に置いている快感に取って代わるのです。

グラベルライドの魅力はここにあります。

これまでのロードバイクではちょっと入って行きづらかったそんな道へ、ちょっと入ってみようか、と思えるバイクがやってきました。

街と山の境目にあるこの東京西部エリアだからこそ、最高に活かせるはず。

ちょっとしたキャンプ道具を積んで、でかけてみませんか?CHECKPOINTには、各所にラック取り付けの穴があけてあります。使い方、お好みに合わせてカスタマイズ可能。当店では、バイクパッキング用バッグを取り付けて展示しています。例えば、こんなにたくさんバッグを積まずとも、シングルバーナーとコーヒーを淹れる道具を積むだけでも、なんだか心が豊かになりませんか?

舗装がされた道を、ロードバイクで先を競って頂上を目指すのも良いでしょう。その一方で、頂上で飲むあったかいコーヒーを思い描きながらひと踏み、またひと踏み、を噛み締めてゆくようなライドがあってもいいと思います。

遊びの幅、広げてみませんか?

◆CHECKPOINT SL5(105 Discブレーキ)¥320,760.-(税込)

◆CHECKPOINT ALR4(Tiagra Discブレーキ)¥199,800.-(税込)

◆Restrapバッグ各種(価格は店頭でお問い合せ下さい)

 

トレックバイシクル東京昭島店(3月1日より名称が変わりました)

TEL:042-519-8143

E-mail:akishima@trekstore.jp

 

人気の記事

最近の記事