新着情報&イベント NEWS & EVENT

六本木店

MADONE9の輪行方法

2017年6月14日 [六本木店]

パーツ・アクセサリスタッフブログ

こんにちは

トレックストア六本木店の吉岡です

本日はマドン乗りに取って悩みタネである『輪行』についてご紹介致します

 

 

マドンを買ったのは良いが

買った後に店員に輪行の相談をすると渋い答えを返された経験があるかもしれません

主な原因はエアロ形状であるハンドルを曲げて入れる事が出来ない点に行き当たるからです

そして

ほとんどの場合はSciconBag(約¥50,000)を提案されるかと思われます。

SciconBagは非常に安全で強く優秀かもしれません

しかし目的地ではコンパクトに折りたたむ事が出来ず

なにより値段が高いです

 

 

そこでこのバックの出番です

Maruto ツアーバック RK-02 ¥5200

このバックはエアロ形状である一体型ハンドルを曲げずに輪行が出来る品です

 

 

実際に私のマドン9で実演して見せます

愛車のマドン9です

 

マドンはこの角度以上、ハンドルを曲げる事は出来ません

エアロ形状であるブレーキが本体に擦っているのが原因です

 

では

袋に入れる手順を説明致します

前後輪を外しハンドルを下向きにして入れます

この最初の動作にてハンドルを曲げない事が特徴ですね

その後ハンドルは専用のテープで固定します

 

本来、ホイールは専用のゴムでフレーム本体に固定しますが

今回は手順説明なので見えやすいように車体には付けないで説明進行します

 

ショルダーベルトをフレームに括り付け

後は左右のカバーを被せて作業で完成です

出来上がり。

 

 

梱包し終わったカバーを上から覗くと

ハンドルが曲がっていない事が確認できます

 

これで何処へでも輪行できますね

 

このバックを使えば

マウンテンバイクなどのサスペンションの関係でハンドルが曲げられない車体にも

対応出来ます

 

 

今までエアロロードを手にしたけど遠出が出来なかった方

是非とも活用して

より良いサイクルライフをお楽しみください。

 

注意

今回は店内にて実演しましたが

実際に実用する場所は駐車場や駅改札前など整備されていない場所かもしれません

袋詰めする手順上、カーボン製のハンドルが地面付近に設置されますので

どうか注意を払ってパッキングして下さい。

袋詰め後の電車内の移動や持ち上げてから地面に置く時も

カーボン製の製品を扱っている事をどうか忘れないで下さい。

人気の記事

最近の記事