新着情報&イベント NEWS & EVENT

大阪店

万一に備えて覚えておくと安心。ホイール脱着講座(リアホイール編)

2016年1月29日 [大阪店]

スタッフブログ

こんにちは、トレックストア大阪です!

ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクなど

スポーツバイクのことなら何でもおまかせください!

 

スポーツバイクに乗っていると、パンク修理や輪行などいろいろな場面でホイールを外す機会が多くなります。
ホイールの脱着には何回か練習が必要ですが、誰でも簡単に出来る作業です。
万一に備えて今から練習しておくと、いざというときに安心です。
そこで、今回は皆さんからご質問の多い後輪の脱着方法をご紹介していきたいと思います。

【ホイールの外し方】

まず、外しやすくするために変速機を操作し、前は1番軽いギア、後ろは1番重たいギアにセットします。この組み合わせにすることでチェーンテンションが弱くなり、外しやすくなります。
DSC_0569インナーギア-horz

次に ブレーキを解放します。ブレーキを解放しないとタイヤがブレーキに引っ掛かり、外すことができません。

Vブレーキの左右アーム(黒色の部分)を中央に寄せます。
DSC_0566ブレーキアーム

銀色のリードパイプを外に引っ張ります。
DSC_0567リードパイプ3
リードパイプを左のアームについているフックから外します。
DSC_0568フック
クイックレバーを解放します。後輪の場合は脱落防止のツメが付いていないので緩める必要はありません。
DSC_0551クイック1-horz
ホイールを下におろします。チェーンが引っ掛かる場合は画像のようにプーリーケージを下に押すとチェーンがたるみ外しやすくなります。
DSC_0557-horz
ホイールが下に落ちない場合は後ろの変速機を画像のように後ろに動かします。
DSC_0574ディレーラー2
後輪を外した後自転車本体を地面に置く際は、必ず変速機などが付いているドライブ側を上向きに寝かして置いてください。そのまま地面に置いたり変速機が付いている側に寝かせると変速機やエンド金具などの破損の恐れがありますのでご注意ください。
DSC_0592寝かせ

【ホイールの取り付け方】

フレームにホイールを装着するのですが、この時チェーンの輪の中にスプロケットを入れるようにしてください。
DSC_0558ディレーラ3改
輪の中にチェーンがある状態で、スプロケットに上のチェーンを掛けます。
DSC_0579ディレーラー4改
ホイールを持ち上げ、しっかりとフレームに装着します。
DSC_0571クイック2改
Vブレーキのアームを中央に寄せます。
DSC_0602bure-ki
リードパイプを左アームのフックに引っかけます。
DSC_0562リードパイプ
最後にホイールがきちんと装着されているかを確認する為に、自転車を真っすぐに立ててもう一度クイックレバーを締め直します。この時、左右のブレーキシューとリムとの間隔が均等に開いておりブレーキが正常に効いていれば作業完了です。

 

今回ご紹介したホイールの脱着を是非マスターして、より一層楽しいサイクリングライフを堪能しましょう。

 


トレックストア大阪ではバイクやアクセサリーなどの商品情報はもちろん、イベントのご案内やストア近郊のローカル情報など、幅広い情報提供の場としてFacebookを活用しています。

トレックストア大阪フェイスブック

 

 

 

 

 

 

 

〒550-0012

大阪府大阪市西区立売堀 2-1-9 日建ビル1階

TEL/06-6536-7678

営業時間/10:00~20:00

定休日/木曜日(祝日の場合:前日水曜日)

 

<大阪市営地下鉄>

長堀鶴見緑地線  「西大橋」 1番出口

四つ橋線     「本町」  23番出口

千日前線・中央線 「阿波座」 2番出口

が最寄りとなっております。

人気の記事

最近の記事