新着情報&イベント NEWS & EVENT

神戸六甲店

TSKR Spring Ride 70 ~小豆島ライドレポート~

2015年4月19日 [神戸六甲店]

スタッフブログ

こんにちは、トレックストア神戸六甲 内田です。

4月18日 土曜日、アームウォーマーもいらない快晴の中、女性を含む7人で小豆島ライドを楽しんでまいりました。
7人のメンバー全員が健脚ということでハイペースが予想されましたが、今回のライドテーマはズバリ・・・

 

『笑』

 
笑顔無くして楽しいライドなし!ということで、ライドコースの中に観光ポイントも入れ、最後まで楽しめるコース設定をしました。

18日土曜日、神戸港からAM0:45発高松港経由小豆島行きのフェリーに乗船し、AM7:15に小豆島到着。
フェリーのゲートが開き、いよいよ上陸開始!

 

IMG_4815
荷物をコインロッカーに預け、各自ドリンク、準備運動をしたところで本日のブリーフィング。

 

IMG_4819
天候は晴れでしたが、朝は少し風が冷たく気温も上がってないこともあり、体が温まるまでのんびり走りましょう!とお声かけしスタート!

 

 

10分後には40km/hオーバーのトレインに乗車してました・・・なんでやねん!(笑)

 

IMG_4821

 

その後も小豆島特有のなだらかなアップダウンを適度なペースで和気あいあいと走り、当初の予定より早めの休憩ポイントへ到着。
『エンジェルロード』とよばれる1日2回、干潮時に海の中から現れる砂の道で大切な人と手を … 自分妻子もちなんで関係ないっす!(笑)

 

IMG_4829

 

記念撮影はお客様と二人の2ショット!

 

IMG_4828

 

そして潮風が香る最高の景色の中、楽しいライドは続き、あっという間に第2休憩ポイントに到着、第2休憩ポイントは『土渕海峡』という小豆島と前島の間にある世界で1番狭い海峡で記念撮影。

この海峡はギネスにも認定されており、小豆島に行く際にはぜひ立ち寄ってみてください。

 

IMG_4845

 

土渕海峡のある土庄から次の休憩ポイントの『大阪城残席記念公園』までは少し距離はありますが、信号はなく、車の往来も少なくなり、かなり快適なペースで走ることができました。
コース全体の三分の一を過ぎたということもあり、海沿いの丘陵地が続くポイントでは登りの得意な方はガンガン前を引き集団のペースが上がります。
途中なか切れが起きることもありましたが、それでもみなさん楽しく登られ終始この笑顔!

 

IMG_4866

 

IMG_4868

 

IMG_4863

 

IMG_4870
あの坂をあのペースで登ってる中この笑顔!ほんとにみなさん自転車を愛しているんですね・・・内田感激!!

 
さぁ、ガッツリ走り、ガッツリカロリーを消費した後はガッツリカロリー補給しましょう!
ということで、お昼は福田港にある『梅本水産』さんでアナゴ丼とアナゴ天丼をいただきました。
どうです、このボリューム!

 

IMG_4853

 

IMG_4854

 

IMG_4856
そしてこの梅本水産にはロンドンオリンピックのロードレース日本代表に選ばれた新城 幸也選手も立ち寄られ食べられたそうです。

 

IMG_4857

 

ボリュームいっぱいのお昼御飯で、お腹いっぱい満たされたあとはまさかの登坂からスタートです(笑)

お腹がぁ~お腹がぁ~と叫びながらも、海と山に囲まれたのどかな風景にテンションMAXでアタック合戦スタート!
ポタリングは嫌です!というお客さまのリクエストにお答えし、少しずつペースを上げ先頭集団の人数を絞り、少し斜度がきつくなった登りでアタック!さらに距離を広げ緩急をつけながら2度目のアタック!
これで千切った!と振り返ると、涼しい顔で「あれ?終わりですか」・・・終わりです(笑)

 

さて、あっさりと叩きのめされた後は最後の半島コースへ、全員気合を入れてラストスパート!メインコースから外れ半島コースを走ること100m前方に何やら看板が・・・

 

IMG_4871

 

はい、引き返します。

 

そのあと、半島コースに行けなかった分マルキン醤油記念館に立ち寄り『しょうゆソフト』で小休憩。

 

IMG_4872

 

例えるならバニラソフトクリームにほんのりみたらし団子味・・・かな?
そしてPM12:40坂手港に到着、全員無事ゴールしました。

 

IMG_4873

 

さぁ今回行けなかったみなさん、今後イベント参加をお考えのみなさん、終始笑顔の絶えない六甲店のライドイベントはいかがですか?
今回は健脚メンバーが揃ったこともあり少しハイペースになりましたが、六甲店は参加を希望されたみなさんが笑顔になれるように走りますので、どうぞ御遠慮なさらずにご参加ください。

きっと童心に戻り、充実した楽しい一日を過ごすことが出来ますよ!

 

そして大人が童心に戻り全力で楽しむとどうなるか!?

 

IMG_4875

 

こうなります(笑)

帰りのフェリーは全員疲れて爆睡でした・・・

 

人気の記事

最近の記事