新着情報&イベント NEWS & EVENT

神戸六甲店

ジャパンカップ・サイクルロードレース 現地レポート

2014年10月22日 [神戸六甲店]

スタッフブログ

こんにちは、トレックストア神戸六甲 東です。

10月18、19日に栃木県 宇都宮市で開催された「ジャパンカップ・サイクルロードレース」へ観戦&応援に行ってきました!

ジャパンカップ・サイクルロードレースとは、世界トップカテゴリーのチーム7チームを含む16チーム(1チーム5名)による国内では最高レベルのレースです。。

今回はトレックお抱えのUCIワールドツアーチーム「トレック・ファクトリーレーシング」も参加するということで、トレックジャパンから万全のサポート体制が敷かれていました。

 

現地からはfacebookを利用してリアルタイムでもレポートしていましたが、改めて本レース当日の様子をトレック・ファクトリーレーシングの様子を中心にまとめてみます!

DSC_1473

ここはコースの名物ポイント「古賀志林道」の登り。距離2km強、時折10%の勾配を越える登りで毎年勝負の分かれ目となるところ。

レースはここを含む1周14.1km 最終周回=10.3km 総距離:151.3km(14.1km×10周+10.3km×1周)で行われます。

今回は沿道に約8万人の観衆が集まったとのことで、過去最高の人出をマークしたそうです。

私は雨だった昨年も現地を訪れていましたが、今回はコースを移動するにも苦労するほどの観衆が溢れかえっていました!

DSC_1414

一方、トレックブースでは一流DJによるパフォーマンスが行われ、会場を盛り上げてくれていました。

DSC_1418

ブース前にはそれに合わせて人垣が何重にも増えていきます。

どこまで増えるのか若干怖くなったくらいです…

DSC_1405

そこに別府 史之選手をはじめ、チームメンバーが現れると歓声を挙げる人や写真撮影をする人が入り混じり、パニック寸前!

DSC_1429

チームは今回、別府選手とともに主力メンバーとして今年のジロ・デ・イタリアで山岳賞を獲ったジュリアン・アレドンド選手(コロンビア)の二人で優勝を目指してのエントリーでした。

レース前にブースで友人と談笑するアレドンド選手。大柄なヨーロッパの選手たちと比べるとずいぶん小柄ですが、世界トップクラスのクライマーの一人。

DSC_1434

選手たちはローラー台で軽く体をほぐし、スタートへ向かいました。

DSC_1490

レーススタート後、先ほどの林道を楽々進む集団。

観客すれすれのところを世界トップクラスの選手 が駆け抜けます。

DSC_1457

こちらは林道手前の平坦区間。ものすごいスピードで集団が駆け抜けていきます。

カメラのシャッタースピードを上げて撮影してようやくあとから別府選手が近くを通ったことを確認できますが、じっさいに目の前を通る時は全く認識できない速度でした!

 

この後トレックブースへ戻ると大変な騒ぎになっていました… DSC_1566

トレックファクトリーレーシングが誇るスーパースター、ファビアン・カンチェラーラ選手(スイス)が会場へ現れていました!

レースにエントリーしていたものの直前のトレーニング中のアクシデントにより、大会欠場が発表されていました。

今回はファンサービスのためだけでもということで来日してくれました。

日本へはレース当日の朝、成田空港に到着したとのことでケガに加えて長距離移動による疲れもあったはずですが、詰めかけたファンのサイン攻めに積極的に応えていました。

DSC_1567

圧倒的な力とともに抜群のルックスを備えるカンチェラーラ選手。

サングラス越しでも充分に格好良さが伝わってきました。

このときモニターでレースの模様を一緒に観戦し、ジュリアン・アレドンド選手が5位に入るのを見届けました!

ちなみにこのときモニター横にはJスポーツの解説でおなじみの別府 始さん(別府選手の兄)がモニターを見ながら解説を入れてくれていました。

DSC_1579

レースを終えてブースに戻ってきたアレドンド選手をカンチェラーラ選手が労っています。

それにしても身長差がものすごいです。

二人はクライマーとクラシック&タイムトライアルスペシャリストと全く違う脚質でそれぞれの分野を極めているので、これだけ極端な体型の違いが出るんですね!

 

別府選手は最後の登りで遅れたものの、必死に追走しアジア選手トップとなる14位でゴールしていました。

次回、ぜひ優勝をもう一度狙ってほしいですね!

 

世界の一流選手の走りを間近で観戦し、また選手とも交流できるチャンスがある日本唯一の大会、「ジャパンカップ・サイクルロードレース」

来年もトレック・ファクトリーレーシングの出場があれば、観戦に行かれる際はスタッフまでお気軽にご相談くださいませ。

現地での観戦のコツなど、詳しくお伝えさせていただきます!

 


tw

FB

お車でお越しの方は、1時間まで無料で駐車場をご利用いただけます。
また、当店で1000円以上のお買い物をして頂くと、プラス3時間まで無料でご利用頂けます。

■ 自転車でお越しの方
店舗前に自転車ラックを用意しております。お気軽にご利用下さい。
なお、モール内ウッドデッキは車両走行禁止となっております。
お手数ですがモール敷地内は自転車を押してご来店下さい。

人気の記事

最近の記事