新着情報&イベント NEWS & EVENT

静岡

【ライドブログ】MTBでまったり(?)ライド 〜浜石岳編〜

2022年1月26日 [静岡]

スタッフブログ

こんにちは。 静岡店 スタッフ 冨田です。

関係ない話ですが炭酸水はサンガリアの「伊賀の天然水 強炭酸水」一択です。 飲みやすくて美味しいです。


今回は再びMTBでライドしてきました。

前にMTBでライドした時に「意外とMTBでも走れるぞ!」と気づき、またMTBでライドしようと思っていまして、最近Instagramで良さそうなスポットを見つけたので走ってみることにしました。

 

今回は浜石岳を目指します

今回のライドの目的地は「浜石岳」です。桜えびで有名な由比にある標高707mの山です。絶景が拝めるということで目的地に決定!

「ひょ、標高707mかぁ・・・」

と若干ビビりながらも、MTBのワイドなギア比があればどんな上りも余裕でしょ!と舐めていました。

案の定、地獄を見ることになるのですが・・・

 

下準備は念入りに

途中までは国道1号線、東海道に沿って走り、由比駅を過ぎたあたりで山の方へ入っていくルートになります。

東海道で由比まで走ったことは何回かありますが、山へ行く道は初めてというのと、細く分岐が多いルートになってきますので万全を期してガーミンのナビ機能を活用することにしました。

予め「Garmin Connect」アプリでスマートフォンで作成したルートデータをEDGE830にダウンロードしておきます。

また、山は冷えますので防寒対策として風を防いでくれるウィンドジャケットを忍ばせておくことに。

 

いざ、出発!

当日は晴れて気温もそれほど低くなく、むしろ暖かいくらいのサイクリング日和!

追い風もあり、快調に走ります。(当然、帰りは向かい風なんですけどね・・・)

由比倉沢地区に入りますと旧東海道らしい町並みが続きます。 たまりません。

この時期はみかんが美味しいんです。帰りにお土産として買って帰りました。

 

いざ、浜石岳へ!

東海道の由比駅を過ぎたあたり、しばらく走りますと浜石岳への入口を示す看板が出てきます。小さいので見落としに注意!

住宅街を越えていくとみかん畑が連なる農地へと進んでいきます。

しばらく坂を上がっていくと浜石岳の看板が。

さぁ、地獄の始まりだぜ!

いきなりハードモードです。 写真だと勾配のキツさが伝わりづらいですが、かなり急です。MTBのギア比を持ってしてもキツイ!ツライ!

ちょっと一休み。

しかし、上りは延々と続きます😭

流石に勾配がきついのと終わりのない上りに心が折れ、ところどころ諦めてバイクを押して歩きます。 でも歩いてもキツイ!

まったくなんて坂道なんでしょうか。 おかしいなぁ、まったりサイクリングのはずが・・・

 

そして

延々と続く上りを登り切ると・・・

そこには絶景が!

富士山もガッツリ見えます😊

三保半島・日本平も見えます。

こーんな案内板もありました。

 

走ってきて小腹がすいたのでカレー麺をいただきます。

某アニメで主人公がおいしそ〜にカレー麺を食べているのを見て食べたくなっただけです。はい。

火は使えませんので、サーモスのボトルに熱々のお湯を注いで持参してきました。

夏はキンキンに冷えたドリンクを、冬は温かい飲み物を入れられますのでかなりオススメできるボトルです!

待つこと3分。 出来ましたのでさっそくいただきます。

富士山をはじめとする絶景を眺めながらのカレー麺、最高ですね。 美味しかったです。

 

カレー麺を食べ終わり、ひとしきり景色を堪能したあとは帰ります。

帰りはひたすら下るだけ! ですが、勾配が急なのと所々路面が悪いので慎重に下ります。タイヤが太く、ブレーキもしっかり効くMTBなら安心して下れます。 前回のMTBサイクリングでも気づいた点ですが、やはりこのMTBならではの安定感、いいですね。

富士山を見ながらひたすら下ります。 脇見運転にはご注意を。

あとは来た道を折り返して帰りました。 山の上りで足が売り切れてしまったので帰りはゆっくり帰りました😇


走行距離50km超えと、前回のMTBサイクリングよりもかなりの距離にはなりましたが、山の上り以外は割と快適に走ることが出来ました。

ワイドなギア比で大抵の道を走れますし、太いタイヤ&サスペンションで乗り心地よし、悪路もへっちゃら、ブレーキもしっかり効いて安心と、ロードバイクよりも楽に走れた気がします。

やはりMTBでのサイクリング、アリです!


ロードバイクやクロスバイクとは違った楽しさがMTBにはありますよ!

 

静岡店 スタッフ 冨田

 

TREK Bicycle 静岡 SNS

人気の記事

最近の記事