新着情報&イベント NEWS & EVENT

大阪梅田

【スタッフライド】〜MTBで淡路島ライドはできるのか?〜【初の長距離ライドに挑戦してみました】

2021年12月23日 [大阪梅田]

スタッフブログ

当店ストアニュースをいつもご覧いただき誠にありがとうございます。

TREK Bicycle 大阪梅田店の小宅(コヤケ)と申します!

日頃より弊店をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

当ブログではTREK Bicycle 大阪梅田店の入荷情報やお客様のお声、サイクリングコース情報やイベントなどたくさんの情報を発信させていただきます。

初のスタッフブログなので緊張気味ですが書かせてもらいます!かなり長くなってしまいましたがご覧いただけると嬉しいです。

 

MTBで淡路島ライド?どんな感じなのだろう。

今回、初の淡路島ライドに行って参りました!普段あまり長距離を走らないかつ神奈川の湘南育ちの小宅ですが、前々から淡路島がとても素敵な所と聞いていたので、MTBしか所有していないのにも関わらず、淡路島を走ってみようと軽い気持ちで淡路島ライドに行ってきました!笑

 

車にバイクを積込み、いざ淡路島へ出発!

今回は淡路島の宿に前泊し、翌日ライドをするというプランだったため、夜に淡路島に向かいました!小宅の愛車は軽自動車ですが、後部座席を畳めば、29インチのフルサスでも前輪を外す事で車載は可能でした!(少し汚いのは気になさらず)

朝から贅沢なひととき

今回予約した宿はトレーラーハウス式の宿で目の前が海という最高のロケーション。

これは翌朝、日の出を見ないともったいない!ということで、初日の出の時にしか日の出なんて見ない小宅ですが、無事に日の出を見る事に成功!早起きしてよかった、、、と思わせてくれる最高の景色でした。

思わずパシャリ!写真を撮らずにはいられないですね!(こう見えて景色の写真が大好きな小宅です)

 

チェックアウトしいざ淡路島ライドへ!

と思いきや、朝日を見た後なんと寝てしまい(朝日で落ち着いてしまったのでしょう)チェックアウト時間ギリギリに起きてしまいました、、、あちゃー、これはやっちまった。いつものマイペースな性格が出てしまいました。

早朝から出発してアワイチに挑戦する予定でしたが、これは大誤算!そして何も決めずに行き当たりばったりで行動をしがちな旅系サイクリスト(自称)の小宅は、淡路島の南半分を一周するルートへ変更し、宿がある洲本から南東方面の海岸線をどんどん走って行く事にしました!

 

腹が減っては戦はできぬ。

少し走ると、キャンパスCafe カプチーノさんと言う海岸線にある雰囲気の良いカフェが。朝ごはんを食べていなかったため、もちろん入ります!(こいつなかなか出発しないな)

そこで食べたのは玉すき丼と言う淡路島牛を使ったすき焼き風の牛丼!びっくりしたのが、もはやお茶漬け?と思うぐらい、汁が溢れるぐらい入っていてとても濃い味で美味しかったです!お肉も絶品!ぜひ淡路島に行かれた際は寄ってみてください!

よし!腹ごしらえも無事終わり今度こそ出発です!

 

まさかの淡路島の最難関ルート?

何も決めずに南東方面を走る事にしたのですが、最初の数キロは海岸線から市街地に入り港町に到着。綺麗な海と優雅な街の人たちを眺めながらこんなもんか〜とのんびり走っていました。が、、、おっと?なんか坂道多くなってきたな、、、あれ?前って山じゃない?と思い、念のためGoogleマップを確認すると、なんと!これから行こうとしている方面のほぼ全てが山!!!

これは嫌な予感がする、、、と思いましたがここで引き返すのは時間がもったいないと思い強行突破!車でもかなりパワーがいるだろう坂の山道をどんどん登っていきます!『こんなの初めて走るよ〜キツ〜』とボヤきながらハァハァ息切れをしながら登っていきます。

おそらく勾配が20%ぐらいある登りを500mから1kmぐらいの距離を登った後、同じぐらいの下りを下る。こんな感じが果てしなく何回も続きます。MTBは急勾配を登れるよう、ある程度ギアも軽くなっているのですが、漕いでも漕いでも前に進まない。太いタイヤによりすぐ失速してしまいます。このぐらいの急勾配を長く走るためにはロードが最適!せめてクロスバイクだなと実感しました!

 

このルート最大の難所!?

坂道を登る、下るを何回も繰り返した結果、足の悲鳴が上がった小宅に悲劇が。そう!1番の難所であろう果てしなく長い急勾配の坂。20%~25%はあろう坂道が恐らく数kmある難所に直面しました。漕いでも漕いでも上り坂。

なんとかそこをクリアしましたがこの時点で足は限界を迎え、プルプルしておりました。笑 そして、この最難関ルートを走り終え、南にある市街地へ。ここは美しい田園風景広がる長閑な所でとても癒されました!今度は南西方面へと走り市街地を抜けて洲本へ。市街地は車通りが多く狭い道もあったので少し怖かったのですが、山道と比べると走りやすく傾斜も少ないので、のんびりと走っても行きの山道と比べると半分以下の時間で着くことができました!!

 

ライド後の極上の癒し

そして宿に着き車をピックアップ!普段運動をした後は温泉に行くのがマイブームの小宅。調べた結果、とてもロケーションが良い温泉をみつけ行ってきました!美湯松帆の郷という温泉で、なんと明石海峡を一望できる露天風呂があります。この日は運良く雲一つなく、明石海峡と月と星と言う最高の景色を眺めながら温泉に浸かりました!もちろん疲労も回復。外にAWAJIモニュメントがあったのでこちらもパシャリ。最高の締めくくりでした!

 

初のヒルクライム、長距離ライドをして思った事

今回行った南半分のルートは急な坂が沢山の道で、トータル約8時間、約70kmを走りました!MTBで街乗りも良くしている小宅でしたが、長距離はやはり疲れてしまうと言う事を身をもって体験しました!(ヒルクライムは特にきつかったです)

ロードバイククロスバイクなど、タイヤの抵抗が少ないかつ車体の軽いバイクが最適です!もしMTBで走られる際は坂道の少ないルートをおすすめいたします!そして、1番感じたのは、「E-Bikeだったら、、、」坂道を気にせずスイスイ楽ちんに走れるますし、僕のような長距離に慣れていない人でも、疲れずにいつもよりさらに遠くへ連れて行ってくれます!

最後の方は疲労で景色を楽しむ余裕がなかったのですが、淡路島の様な、ロケーションが素敵な場所でのサイクリングには、疲労度が少なくてすむE-Bikeが選択肢の1つとしてありだととても思いました!!

過去のE-bikeに関する記事はこちら

 

最後にひとこと

とても長く疲れた今回の淡路島ライドでしたが、坂を登りきった後や合間に顔を出すとても綺麗な海。これが淡路島を走る醍醐味ではないかと思いました!この景色を見れたら、まだ走ろう!頑張ろう!と思える。そんな綺麗な景色が見れる素敵な島でした!

シンガポールと同じ面積と言われており、日本列島と比べると小さいですが、いざ走ればとても大きい”淡路島”。大きいからこそ、その人に合ったルートでサイクリングを楽しむことができると思います!ぜひ皆様も淡路島ライドへ行ってみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました!店舗には淡路島サイクリングブックという、淡路島のおすすめスポット、コースが記載された冊子をご用意しております。無料でお渡ししておりますので、お気軽にスタッフまでお声がけくださいませ。

 

感染症への対策

TREK直営店としてはお客様およびスタッフの健康・安全を第一に考え、新型コロナウィルスの感染予防及び拡散防止のため、以下の対策を実施し営業いたしております。

 

1、店内の十分な換気(店舗全てのドアを開放し換気扇はフル稼働しております)

2、スタッフのマスク着用・手洗い・ウガイの徹底

3、スタッフの健康管理徹底

4、店頭でのアルコール消毒液設置とお客様へ使用のお願い

5、お客様へのマスク着用のお願い及び未着用のお客様へはマスクご提供のご案内(※ただし、マスクの在庫状況による)

6、接客時、お客様とスタッフのソーシャルディスタンス(適切な距離)の確保

7、常時、店内アルコール消毒の徹底(売場・自転車のハンドルやブレーキレバー・トイレ等)

8、スタッフへ自転車通勤の推進

 

TREK Bicycle 大阪梅田

住所 〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満 4-4-18 梅ヶ枝中央ビル1F
営業時間 11:00~19:00
定休日 火曜日(年末年始等は除く)
駐車場 あり(提携駐車場をご案内いたします)
お問い合わせ TEL/ 06-6335-9921
運営 トレック・ジャパン株式会社
電車で
お越しの方
谷町線東梅田駅より徒歩10分
JR北新地駅より徒歩10分

ストアをフォローする

TREK Bicycle 大阪梅田 Facebookページ
TREK Bicycle 大阪梅田 Instagramページ
TREK BICYCLE STORE メールマガジン登録

人気の記事

最近の記事