新着情報&イベント NEWS & EVENT

東京神保町

■待望!! ” Bontrager Circuit WaveCel Road Bike Helmet” が発表されました。

2021年10月30日 [東京神保町]

パーツ・アクセサリアパレル

こんにちは、TREK Bicycle 東京神保町の本村です。

BontragerブランドでWavecelという新素材のヘルメットが発表されてはや2年…発表当時は、お客様から「Circuitはどうなるの?」「ライトをマグネットで着けられるものはありませんか?」というお問合せを数多く頂いたのをよく憶えています。2年越しに、ようやくアンサーが返せることとなりました。「出ます!」

■Circuit Wavecel Helmet

とうとうBontragerから名作「Circuit」の名を冠したWavecelのヘルメットが発売されることとなりました。

形状はロードバイクヘルメットらしい流線型のフォルム、非常にカッコイイです。個人的には、旧Velocisにもけっこう似ているんじゃないかなと思っています。ロードバイク乗りやスタッフ人気は圧倒的だったVelocisヘルメット、Wavecel版で似たような形のものが手に入ると考えると嬉しいところ。

 

■そして、待望のアノ機能が!!

「Circuitヘルメット」をご存知の方は、アノ機能と言われたらすぐに思い浮かぶと思います。そう、あの「フロント&リアライト取付機能」が復活しました!

従来のCircuit MIPSヘルメットと同じく、マグネットを使用したロックシステムで前後のライトをスッキリと収めることができますよ。

 

■Wavecelとは?

Wavecelは従来のスリップライナー等に代替される脳機能保護の為のテクノロジーです。

上の画像にある通り、衝撃吸収層はMIPSに代表されるスリップライナーに厚みを持たせ、衝撃を変形して吸収させるつくりとなっております。

 

Wavecelの衝撃吸収プロセスは

・曲がる(Flex)

・潰れる(Crumple)

・滑る(Glide)

と3段階を踏みます。このことにより、ヘルメットが衝撃を受けた時には一時的に頭がヘルメットの中で例えるなら「プチプチ」に包まれたような状態を疑似的に作り出します。

 

事故において一番怖いのは実は頭部の外傷ではなく、脳が揺れることで機能が損なわれてしまう、いわゆるパンチドランカー状態・およびその後遺症です。Wavecelが採用されたヘルメットは、脳に対してかかる脳を揺らすような斜め方向からの衝撃を吸収し、往なしてくれることで事故後の後遺症を限りなく少なくする効果が見込めます。

 

WavecelヘルメットはWavecel層の厚みの関係でどうしても大型化しがちで、いかにも「かぶってる感」が出やすいものでしたが、こちらのCircuitは見たところかなりスッキリとしたデザイン性であるように思われます。残念ながら今回はAsia Fitではありませんが、サイズは最大でXLまで用意されています。耳付近のベルト処理も非常にすっきりとできているので、もしかすると適応度は高いのかもしれません。

 

まだまだ発表段階で到着は11月中頃となりそうですが、非常に気になるヘルメットです。ぜひぜひ、お問合せとご検討を頂けますと幸いです。

 

本村

人気の記事

最近の記事