新着情報&イベント NEWS & EVENT

六本木

Meet my new Madone SLR

2021年7月19日 [六本木]

スタッフブログ

こんにちは、六本木店の羽田です。3月末まで六本木から離れていた為久々のブログ掲載となりましたが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか?

 

私の方といえば、こちらのブログでも度々登場していた私の相棒(グレーのMadone SLR)。。。ぞっこんだったんですが、そこは浮気性な私。OCLV800ってどんなんだろう?という好奇心に負け、最近新しい相棒がやってきました。

 

Hello ! This is my new Madone SLR ♡

(Madone SLR with RSL37 wheels)

 

去年登場したデザインスキームを見て一目ぼれしてしまったこちらのデザイン、”Palmarès“。そもそもこのPalmarèsにはフランス語で「受賞歴」といった意味がありますが、よく見るとケイティー・コンプトンの星条旗、RadioShackジャージにチャンピオンジャージなど、トレックの歴史がキルト風にちりばめられているのが分かります。

 

やだ、こんなのノロい私が乗っちゃいけないじゃない😱~

 

オーダーをしてから意味を知り、やっちまったなぁ~なんて思ったものの、好きなデザインで自分が楽しみゃいいじゃない、と割り切ることに。

 

完成車だと1年近く待つので、今回はフレームセットでオーダーした新しいマドン。せっかくなので電動コンポにしようかと考えたものの、このコロナ渦でDi2がとことん手に入らないため、ひとまず機械式Dura-Aceで揃えて後々アップグレードをすることにしました。

 

それにしても、2019年のMadone SLRと2021年のMadone SLR。カーボンのグレードとBBが変わっただけとは言え、乗り比べてみるとものすごい違いがあります。

 

何と言っても、初めの漕ぎ出しが軽い!!!

 

上り坂が嘘みたいに楽!!!

 

初めの2週間は前から使っていたXXX4を履かせて乗っていたのですが、OCLV700のマドンの時よりも”背中を押してくれる感”が感じられました。もしかしたら新しいフレームが来た嬉しさでそのように感じてしまっているのか?とも考えたのですが、やはり反応が以前に増していい気がします。

 

思わぬ形でAeolus XXXホィールの良さを再確認したのですが、気になることが一つ。

 

前はグレーのフレームだったのでリムの黒のバランスがちょうど良かったのですが、今度は白いフレームということもあり、xxx4だと黒の分量が多すぎる気が。。。。

 

(Aeolus XXX4 搭載のMadone SLR)

 

ということでオーダーしてみたRSL37。約9ミリ黒の分量が少なくなるので見た目的な抜け感もあり、何よりも本当に軽い!!!!

 

フロントは52/36のセミコンパクト、リアは12-28のスプロケを履かせているのですが、OCLV800*RSL37のコンビネーションにしたらギア1枚か2枚分軽くなったような感覚を覚えました。下りや平地でのスプリントでも、これだとギア踏み切りそう。。。。

 

フロントを53/39のコンパクトにするか、以前使っていた11-25に戻すか。。。

 

とは言え、私のようにのんびり走るタイプが早く走るようになるはケイデンスをあげるのが一番なので、まずはこのままのギア比でしばらく様子見をすることとします。近々新しい相棒とのライド・レポートもアップいたしますので、どうぞご期待ください。

人気の記事

最近の記事