新着情報&イベント NEWS & EVENT

東京青山

チューブレスのすゝめ

2021年7月9日 [東京青山]

バイクパーツ・アクセサリスタッフブログ

東京青山店ストアブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は自転車のカスタムについて、ご紹介いたします!

 

スポーツバイクの楽しみ方はライド以外にも!

日頃からサイクルライフをお楽しみの皆さまへ、おすすめのカスタムのご案内です。

自転車は便利でとても楽しい乗り物です。

それぞれのパーツを交換する事で、見た目の変化や性能の向上など、楽しむことができます。

そこで今回は、当店でもご好評のカスタムである「タイヤのチューブレス化」についてご案内します。

 

チューブレス(チューブレス化)とは?

まず、チューブレスについてご説明します。

自転車のタイヤは通常、路面と接するタイヤとその内側のチューブで構成されています。

中には空気が入っていますので、その空気と路面の間にタイヤ、チューブの二層のゴムが挟まていることになります。

チューブレスはここからチューブを無くし一層にします。二層の時よりもタイヤがしなやかになり、路面からの振動をタイヤで吸収できます。

これにより、漕ぎが軽くなるだけでなく、乗り心地の向上にも効果を発揮します。

見た目は変わらないので地味ではありますが、スタッフの間でも定評のあるカスタムです。

もちろんロード、MTBやクロスバイクにも施工できる※万能カスタムです。

(※チューブレスシステムはほぼ全てのスポーツバイク対応していますが、車種によって使用する部品は変化します。)

 

チューブレスに必要なもの

まず、チューブレス化に必要なものは、

1 チューブレス対応ホイール

2 チューブレスタイヤ(チューブレスレディタイヤ)

3 シーラント

4 チューブレスリムテープ

5 チューブレスバルブ

の5点になります。(2~5の一例を下記写真をご参考ください。)

左上から順にチューブレスバルブ、タイヤシーラント、チューブレスリムテープ、そして右側にチューブレスタイヤです。

 

チューブレス化作業

チューブレスはタイヤと車輪の密着性を上げることで空気を閉じ込めるシステムです。

そのため、タイヤと車輪のあらゆる隙間を埋める必要があります。

リムテープはその穴埋めの蓋の役割をし、それでも残ってしまう小さな穴をシーラント呼ばれる液体で塞ぎます。

 

作業手順としては

1ホイールにチューブレスリムテープを貼る

2チューブレスバルブを取り付ける

3チューブレスタイヤを組み付ける

4バルブからシーラントを入れる

5タイヤに空気を素早く入れ、タイヤと車輪を密着させる

6空気漏れがないか確認し、完成

 

タイヤと車輪の組み合わせによっては作業手順が前後する場合もありますが、大体このような順番になります。

 

予算

車体をお持ちでチューブレス化をご検討中の方へ、作業工賃も含めた合計額の一例をご紹介します。

ロードバイクのEmonda SL5 Disc(2021)をお持ちの場合は、

 

タイヤ Bontrager R3 700×28c \7,590 ×2本 →\15,180

シーラント Bontrager TLRシーラント \798

リムストリップ(リムテープの互換品) Bontrager TLR Rim Strip \2,640 ×2本 →\5,280

バルブ Bontrager ラウンドベース TLR バルブ \1,320 ×2本 →\2,640

作業工賃 \7,000

 

合計 \30,898

 

となります。

これはほんの一例であり、車種や車体の状態によっても変動いたします。

 

チューブレスご希望の場合

車種によっては、元からチューブレス対応ホイールの場合や、チューブレスリムテープも装着されている場合があります。

当店スタッフがそれぞれお持ちのバイクに最適なアイテムをご案内いたします。

それぞれのバイクで適合するタイヤなどが異なりますので、ご相談の際は車体をお持ちいただくか、車体モデルをお控えの上ご来店ください。

 

チューブレス化は基本的に車体お預かり作業とさせていただいております。

上記必要なパーツが当店で揃っている場合は最短で翌日のお渡しとなります。

 

その他ご不明な点は当店スタッフまでご相談ください。

ご来店お待ちしております!!

 

人気の記事

最近の記事