新着情報&イベント NEWS & EVENT

松山

【GARMIN MASTERオススメ】GPS機能付きサイクルコンピュータ活用方法

2021年2月22日 [松山]

スタッフブログ

Trek Bicycle 松山 ストアニュースをご覧いただきありがとうございます!
当ストアニュースでは、ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクなどの自転車の情報、自転車のウェアやパーツ、松山、伊予エリア、東温市、今治市、南予方面などの周辺地域のサイクリング情報など色々と発信してまいります。
四国一周サイクリングや、しまなみ海道サイクリングに挑戦したい方のご相談もお待ちしております。

 

速度やケイデンスを測るだけではない!?
GARMIN MASTER 嶋村がオススメするGPS機能付きサイクルコンピューター活用方法

サイクルコンピューターと聞くと、真っ先に「速度を確認する」ためのアイテムというイメージが思い浮かぶかと思います。

その通りです。サイクルコンピューターは主に速度などのペース管理に役立てるためのアイテムです。

さらにGPS機能付きのアイテムになると、自分が走ったコースや距離をすべてデータとしてストックすることができます。

今回スタッフ嶋村がオススメしたい活用方法は上記のようなメイン機能ではなく、バイクのメンテナンスに関わるサブ機能です。

皆さま タイヤなどの消耗品の管理はどうされていますか!?

タイヤやチェーンの寿命に関しては、TREK直営店のブログでも紹介されていますし、インターネットで検索するとおおよその交換タイミングは知ることができます。

しかし、商品によっては早かったり遅かったり、当然その交換時期が当てはまらないアイテムもあります。

そこでおススメしたいのが、「ギア」の登録機能です!

 

おススメ!タイヤやチェーンの消耗の管理は、「ギア」を登録すべし!!

GPS機能付きアイテムのメーカーと言えばGARMINが有名ですが、専用アプリGARMIN CONNECTに「ギア」を登録する機能が付いています。

「ギア」とは、バイクの事です。(※ランニングされる方ならシューズの事です。)

スタッフ嶋村の場合、STRAVAと呼ばれるサイクリストやランナーのSNSのようなサービスがあるのですが、GARMIN同様「ギア」を登録する機能を備えていますので、そちらをメインで活用しています。

 

 

このように愛用中のバイクやシューズを登録しておくことにより、そのバイク(シューズ)を使ってどのぐらい走ったのかを把握できます。

特にランニングシューズなどは、まだまだ使用できるように見えても、500kmを越えてくると新品状態より性能が落ちていますので、怪我予防も考慮し履き替えるようにしています。

トラブルを未然に防ぐためにも、それぞれのギアの使用した距離を把握しておくことで、普段皆さまが愛用しているタイヤやチェーンの耐久性も知ることができ、交換時期を自身のしっかりした経験を元に判断できるようになり、サイクリストとしてワンランクアップ出来ます。

同じタイヤであっても、ライダーの体重や走るスピード、コースによって、同じ3000km走ったタイヤの消耗度合はまったく違いますので、自身で尺度を持つことはすごく大事なことです。

上記の画像をご覧いただくと、スタッフ嶋村はランニングシューズをメインに消耗管理していますので、これをバイクに置き換える場合は「EMONDA R3タイヤ」など名称を変えてギアを登録すると、タイヤごとに走行距離を管理できるようになります。

 

TREK Bicycle 松山は、2021 GARMIN sales master在籍店です。

 

GARMIN MASTERとは、ある試験において満点を獲得したスタッフに送られる称号です。

スタッフ嶋村は、自身でGARMINウォッチ ForeAthlete 935、ForeAthlete 235j、GARMINサイクルコンピューター Edge 130、Edge 530、Edge 830(←タッチパネル練習中)をプライベートで使用した経験がありますので、購入の際は是非ご相談下さい。

 

新型コロナウィルス感染症等への対策について

日頃よりトレック直営店をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。
新型コロナウイルスの拡大により、例年以上に自転車通勤や通学を始めとした用途で使用する自転車を求める数多くのお声をお客様より頂いております。
そのお声にお応えするべく、TREK直営店としてはお客様およびスタッフの健康・安全を第一に考え、新型コロナウィルスの感染予防及び拡散防止のため、以下の対策を実施し営業いたしております。

 

1、店内の十分な換気(店舗全てのドアを開放し換気扇はフル稼働しております)

2、スタッフのマスク着用・手洗い・ウガイの徹底

3、スタッフの健康管理徹底

4、店頭でのアルコール消毒液設置とお客様へ使用のお願い

5、お客様へのマスク着用のお願い及び未着用のお客様へはマスクご提供のご案内(※ただし、マスクの在庫状況による)

6、接客時、お客様とスタッフのソーシャルディスタンス(適切な距離)の確保

7、常時、店内アルコール消毒の徹底(売場・自転車のハンドルやブレーキレバー・トイレ等)

8b、スタッフへ自転車通勤の推進

ストア公式SNS

随時更新しております。是非フォローして下さい!!

 

instagram-new-logo-100675023-large

人気の記事

最近の記事