新着情報&イベント NEWS & EVENT

神戸六甲店

TREK PRECISION FITさっそく機材が届きました。

2014年8月12日 [神戸六甲店]

スタッフブログ

こんにちは、トレックストア神戸六甲 東です。

店内に資材を搬入したのが昨日。

本日、さっそく機材がストアにやってきました!

DSC_0614 (2)

ライディングポジションに関わるあらゆる部分を素早く調整可能。

クランクにパワーセンサーが取り付けられ、ペダリングのスピンスキャンまでできるハイスペックです。

DSC_0617 - コピー

左上:ハンドルおよびサドルの前後位置は足もとの目盛りを見ながら横のハンドルを回転させることでミリ単位で即座に調整

右上:ハンドルおよびサドルの高さもダイヤルを回すだけでミリ単位の調整可能

左下:155~185mmまで調整可能なクランク。水平器も付いています。

右下:出力を調整できるユニット。本体または接続したPCからユニットの負荷を調整します。

 


もちろん高価な機材も使いこなせなければ意味がありません。

DSC_0615

トレック プレシジョン フィットのもう一人のインストラクター、トレックジャパンから野口 忍(写真右側)に来てもらいました。

言わずと知れたMTB元アジアチャンピオン。現在はトレックジャパンでマーケティングマネージャーを務める傍ら、各地のトライアスロン大会に出場し好成績を収めています。

そんな彼から春に受けたレクチャーをおさらいさせてもらい、操作方法、注意点など再確認。

DSC_0620

「モーションキャプチャー」でライディング中の動きを記録し、ライディングポジションを計測しています。

従来のフィッティングと同様、ゴニオメーターを使用して計測も行いますが、フィッティング後にお渡しするレポートを作成する上で「モーションキャプチャー」を使用します。

 


今回確認させてもらった内容は機材の使用方法に関するものでした。

機材の使用はあくまでも手段であって、本来の目的は「ライディングポジションの改善」を行うことにあります。

お客様の悩みを解消するにはフィッター本人のライディング経験やこれまでに行ってきたフィッティング経験、つまるところフィッターの経験値が非常に重要となります。

これまで「Bikefit 社」のプログラムなどを活用し、多くのお客様のフィッティングにあたってきた経験をベースに新たなプログラム「TREK PRECISION FIT」によって、

これまで以上にご満足いただけるサービスを構築してまいります。

サービス開始まで今しばらくお待ちくださいませ。


当店では、ツイッター、Facebookによる商品やイベントのご案内、自転車に役立つ知識等、様々な情報を提供しております。

tw
FB

お車でお越しの方は、1時間まで無料で駐車場をご利用いただけます。
また、当店で1000円以上のお買い物をして頂くと、プラス3時間まで無料でご利用頂けます。

■ 自転車でお越しの方
店舗前に自転車ラックを用意しております。お気軽にご利用下さい。
なお、モール内ウッドデッキは車両走行禁止となっております。
お手数ですがモール敷地内は自転車を押してご来店下さい。

人気の記事

最近の記事