HOME > ロードバイクの魅力 > ロードバイクQ&A

ロードバイクの魅力

ロードバイクQ&A

Q.カーボンフレームは上級者向けですか?

中・上級者向けといわれているカーボンフレームですが、実は初心者の方にもおすすめの素材です。
取り扱いに気をつければ、決して難しい素材ではありませんし、最近はフルカーボンのエントリーモデルもたくさん出てきています。カーボンの注意点として、縁石にぶつけたり強い衝撃を受けると、フレームにクラック(ヒビ割れ)が入ってしまう可能性があります。
そうなると修復は難しく基本的には買い替えるしかありませんので、注意して乗るようにしてください。

Q.ロードバイクには、なぜスタンドが付いていないのでしょうか?
あとで、付けることもできますか?

街乗りでちょっと停めておきたいとき、スタンドがあると便利ですよね。けれどロードバイクは本来、高速走行が目的の自転車なので、通常スタンドなどの付属品は装備されていません。
後付けできるものや持ち運びできるスタンドもありますが、付けるとその分重量が増えてしまったり、フレームが傷んでしまったりすることもあります。たまにしか乗らない方や使うのは街乗りだけという方には実用的ですが、レースや長距離サイクリングでロードバイクに乗る方はあまり付けないほうがいいかもしれません。

Q.ロードバイクとクロスバイクの違いは?

ロードバイクは、舗装された公道を高速走行するためにつくられた、どちらかというとスピード出して走行することを楽しむ自転車。
クロスバイクは、それよりももっと街乗り用に設計された自転車です。クロスバイクは基本的にフラットバーで、乗り心地もソフト。段差のある道や人通りの多い道を走るときは、クロスバイクのほうが快適に乗れる場合もあります。
走り方によって、あなたに合うバイクは様々です。それぞれの車種の特徴については、以下のページでもご紹介しておりますので、参考にしてください。また自分に合うバイクが分らない方はお気軽にトレックストアのスタッフにご相談ください。

ロードバイクの基礎知識へ

Q.ロードバイクは特殊なペダルで走行するのですか?

街中で走行される場合や、普通のシューズで乗られる場合は、「フラットペダル」と呼ばれる通常のペダルが便利なケースがあるでしょう。それとは別に、スポーツやサイクリングとしてロードバイクの使用を考えられている方は、ビンディングペダルと呼ばれる、シューズに装着するクリートとペダルを「カチッ」と一体化させる専用のペダルがおススメです。ビンディングペダルを使用するメリットは、効率のいいペダリングが出来る、ペダルを速く回転させることも出来る、バイクを安定させて操作することが出来るなど、様々なメリットがありますので、ロングライドされる方には是非慣れていただきたいアイテムです。トゥークリップと呼ばれるタイプのものも、足を固定できるのでビンディングペダルと同じような効果が期待できます。

ビンディングペダル

Q.ネット通販でロードバイクを買おうと思っているのですが…。

ロードバイクという乗り物は、初心者の方でもちょっとした下り道だと40キロ、50キロというスピードが出てしまう乗り物です。オートバイや車でもプロのメカニックがメンテナンスを行い、安全な使用方法を説明してお客様に納車いたします。それと同じようにトレックストアでは、お客様の安全を第一に考えプロのメカニックがしっかりとバイクを組み立て、また初回には操作方法や安全な走り方を説明させていただきます。同時にロードバイクにはフレームサイズと言って、身長や脚の長さに応じて適切なサイズが用意されています。安全に楽しく、また末永く付き合っていくバイクだからこそ、しっかりとした店舗で購入されることをお勧めいたします。

Q.空気入れは、シティーサイクル(ママチャリ)の空気入れでできますか?

ロードバイクに使われているタイヤチューブのバルブはシティサイクル(ママチャリ)のバルブ(英式)とタイプが違います。一般的なロードバイクのバルブは仏式バルブ(フレンチバルブ)になりますが、チューブのバルブには、仏式、英式、米式と全部で3種類があり、それぞれのタイプに対応したポンプでないと空気が入りません。ポンプによっては、1つで全てのバルブタイプをカバーできるものもありますし、ロードバイクを購入するときに一緒に揃えておきましょう。

タイヤチューブのバルブ

Q.最近ブレーキをかけるとキーキー音が出ます。原因は?

ブレーキシューの周辺をチェックしてみてください。ブレーキシューの取り付け位置に問題がある可能性があります。また、ブレーキシューが減っていたりタイヤとブレーキシューとの間にゴミが挟まっていたりした場合も、音が鳴りやすくなります。そのままにしておくと、ブレーキの利きが悪くなってしまうこともあるので、必要に応じてブレーキシューを交換したり、リムの掃除をしましょう。

ブレーキシュー

Q.既成品ではなく、自分のサイズにピッタリ合ったロードバイクが欲しいのですが…?

トレックには、「プロジェクトワン」という、世界に一つだけのオリジナルバイクがつくれるカスタムオーダープログラムがあります。プロジェクトワンなら、フレームサイズはもちろん、カラーパターンやコンポーネントまで、自分の好みに応じた理想の自転車をカスタマイズできます。プロジェクトワンの特設サイトでは、カスタムをシミュレーション体験することもできますのでぜひ一度お試しください。

ブレーキシュー

Q.お尻が痛くなってくるのですが、対処方法を教えてください。

おそらく初心者の方のほとんどが最初に直面する悩みだと思います。原因は色々と考えられますが、長時間の自転車走行に慣れていない、自転車のサイズやポジショニングが合っていない、サドルが合っていないなどが原因になることが多いようです。原因によって改善策も変わりますが、ショップでポジションを正しい位置に矯正するほか、衝撃吸収パッドを備えたサイクルパンツの着用、サドルの交換などが有効です。

ポジション

Q.街乗りやポタリングなど長距離の場合もサイクルジャージやパンツを着ないといけないんでしょうか?

サイクルウェアは快適性抜群です。けれども、ぴちぴちのジャージ姿はコンビニやお店に入るとき少し恥ずかしいと感じる方もいるかもしれません。そんな時におすすめなのは、普段着にサイクルウェアを少しプラスするコーディネート。例えば、パッド付きインナーショーツは下着として履けるのでジーパンと合わせられますし、サイクルジャージもカジュアルデザインのものを選べば、普段着感覚で着こなすことができます。トレックストアでも、様々なサイクルウェアを取り揃えております。試着もできますので、どうぞ気軽にお立ち寄りください。

Q.自転車が盗まれそうで心配です。

ロードバイクの人気と相まって、転売を目的としたプロの窃盗団による窃盗も増えています。大切な愛車を守るためにも、駐輪方法にも一工夫が必要です。トレックストアがおすすめしているのは地球ロック。地面に固定されている柱や柵に自転車をつなぐ方法です。ロードバイクは軽いので、車輪のみの地球ロックだと、車輪を残してフレームなどを盗まれてしまう危険性があります。地球ロックをするときは、フレームまできっちりとつないでおくことが大切です。また、切断しにくいU字ロックやチェーンロックをダブルで付けておくことも効果的です。

ポジション

ページトップへ